2004.11.01

肥満化は歴然:米国人は40年間で2.5cm高く、11kg重くなった!

 米国人の成人は1960年以降の40年間におよそ1インチ(約2.5cm)とわずかに背が高くなったが、体重は25ポンド(約11kg)も重くなっている。米国の著しい肥満化の動きを裏付ける統計データが米国立健康統計センター(NCHS)から10月27日に公表された。

 米NCHSが発表した「米国民の平均体重、身長とBMI:1960〜2002年」によると、20〜74歳の米国男性の平均身長は、1960年の5フィート8インチ(約173cm)から5フィート9インチ(約175cm)に、女性も5フィート3インチ(約160cm)から5フィート4インチ(約163cm)へと約1インチ(2.54cm)の微増だった。

 これに対して体重は、男性が1960年の161.3ポンド(約73kg)から191ポンド(約87kg)、女性でも140.2ポンド(約64kg)から164.3ポンド(約75kg)へ、約25ポンド(約11kg)も激増した。その結果、身長の2乗を体重で除したBMI(Body Mass Index)の平均値、1960年には25だったが2002年には28に増えた。

 男性では、20〜30歳代が約9kgの増加にとどまったのに比べ、40歳代が約12kg、50歳代が約13kg、60〜74歳が約15kgなどと高年齢で体重増加が著しい傾向にあったが、女性は逆で、20歳代が約13kg、40歳代が約12kg、60〜74歳が約8kgなどと低年齢ほど体重増加が著しい傾向にあった。人種別にみると、非ヒスパニック系黒人女性では20〜74歳の成人全体の平均BMIが31.1と30を超えており、肥満が著しく蔓延していることが分かる。

 日本では2001年度の国民栄養調査結果によると、30〜60歳代の男性と60歳以上の女性で平均BMIが25を超えている人の比率が3割前後と多く、特に男性で肥満者が増える傾向にある。米国並みの肥満大国にならないためには栄養と運動の両面からの対策が必要になる。

 本稿で取り上げた統計情報の原題は「Mean Body Weight, Height, and Body Mass Index, United States 1960-2002」。現在、全文をこちらでダウンロードできる(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132