2004.10.29

SPECIAL REPORT:20%超の成長見せる米国の精神病治療薬市場

 2000年以降、米国の精神病治療薬市場は年平均21.1%成長しており、すべての治療薬市場の中で最も高い伸びを示している。米国の市場調査会社フロスト&サリバンがこのほど発表した調査報告書「米国の精神病治療薬市場」によると、2003年の精神病治療薬の総売上高は推定60億4000万ドルに上り、2007年には85億8000万ドルに達する見込みである。これは、米国の全治療薬市場で5番目に相当する。

 現在、米国では約250万人の統合失調症患者と約250万人の両極性障害患者に加え、相当数のいわゆるオフラベル患者(痴呆症、鬱病、不安症)がいる。総合失調症患者の公的扶助コストは年間650億ドルに上り、両極性障害患者のそれも年間76億ドルに達する。これには、精神病治療薬の副作用や精神病につきまとう不名誉感などによる治療忌避に加え、完治したという思い込みによる薬物療法の放棄といった問題も関係している(詳しくはPharma Business]をご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43