2004.10.29

茶カテキン配合のお菓子が登場へ EGCgを配合、体脂肪燃焼効果をヒト試験で確認中

 茶カテキンの体脂肪燃焼効果に対する認知が広まり、緑茶飲料が売れ続けている。来年はこの緑茶ブームを背景に、茶カテキンを配合した菓子や新飲料が登場しそうだ。

 茶カテキンには4種類のカテキンが含まれている。このうち、最も活性が高いとされるのがエピガロカテキンガレート(EGCg)。

 素材メーカーが提供する茶カテキン粉末には、これら4種類のカテキンとカフェインが含まれている。そのうちEGCgの含有量は、全体の3〜4割程度を占める。

 一方、医薬・食品素材メーカーのDSMニュートリション ジャパン(東京都大田区)は、EGCgの含有率を9割以上に高めた茶カテキン素材「TEAVIGO(テアビゴ)」を昨春から販売しており、引き合いが増えているという。

 一般的な茶カテキンは薄緑色に着色した粉末。これに対して、テアビゴは白色の粉末だ。多少の苦みはあるが、白色のため緑茶以外の飲料や菓子に配合しやすい。

 「来年早々に、テアビゴを配合した緑茶以外の飲料やアメ、クッキー、ガム、ラムネなどのうち、数種類の製品が登場するだろう」と同社ヒューマン ニュートリション本部マーケティング2部の平松浩次郎テクニカルマネージャーは話す。

 動物実験では、EGCgの含有量が多い食事を与えるほど、抗肥満効果、血糖値の上昇抑制、コレステロールの低下作用が増すことを確認済み。

 抗肥満効果に関しては臨床試験を進めており、年末には結果が出る予定で、有意差が出る見込みだという。(小山千穂、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56