2004.10.29

茶カテキン配合のお菓子が登場へ EGCgを配合、体脂肪燃焼効果をヒト試験で確認中

 茶カテキンの体脂肪燃焼効果に対する認知が広まり、緑茶飲料が売れ続けている。来年はこの緑茶ブームを背景に、茶カテキンを配合した菓子や新飲料が登場しそうだ。

 茶カテキンには4種類のカテキンが含まれている。このうち、最も活性が高いとされるのがエピガロカテキンガレート(EGCg)。

 素材メーカーが提供する茶カテキン粉末には、これら4種類のカテキンとカフェインが含まれている。そのうちEGCgの含有量は、全体の3〜4割程度を占める。

 一方、医薬・食品素材メーカーのDSMニュートリション ジャパン(東京都大田区)は、EGCgの含有率を9割以上に高めた茶カテキン素材「TEAVIGO(テアビゴ)」を昨春から販売しており、引き合いが増えているという。

 一般的な茶カテキンは薄緑色に着色した粉末。これに対して、テアビゴは白色の粉末だ。多少の苦みはあるが、白色のため緑茶以外の飲料や菓子に配合しやすい。

 「来年早々に、テアビゴを配合した緑茶以外の飲料やアメ、クッキー、ガム、ラムネなどのうち、数種類の製品が登場するだろう」と同社ヒューマン ニュートリション本部マーケティング2部の平松浩次郎テクニカルマネージャーは話す。

 動物実験では、EGCgの含有量が多い食事を与えるほど、抗肥満効果、血糖値の上昇抑制、コレステロールの低下作用が増すことを確認済み。

 抗肥満効果に関しては臨床試験を進めており、年末には結果が出る予定で、有意差が出る見込みだという。(小山千穂、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1