2004.10.28

【ピックアップ◆日本高血圧学会】家族歴と加齢の影響、高血圧では同等で糖尿病では家族歴が重要

 高血圧と糖尿病について、それぞれの発症に対する家族歴と加齢の影響を調べた研究で、高血圧では家族歴と加齢が同等で相加的、糖尿病では家族歴が重要という結果が報告された。医療法人エムエム会マッターホルン病院の白山泰山氏らが10月に開催された日本高血圧学会で発表した。

 研究グループは、加齢にともなう高血圧や糖尿病の罹患率の変化と、それぞれの家族歴の影響を検討するため、職場検診を受診した17歳から71歳の男性1155人(平均年齢42.7±12.1歳)を対象に解析を行った。

 収縮期血圧140mmHgかつまたは拡張期血圧90mmHg以上または高血圧治療中の人を「高血圧」、HbA1c6.6%以上または糖尿病治療中の人を「糖尿病」とし、それぞれの有病率を年代別、家族歴の有無で比較した。

 その結果、全体の高血圧の有病率は27.1%、糖尿病は3.6%だった。

 高血圧については、その有病率は家族歴にかかわらず加齢とともに上昇した。その一方で、家族歴があるグループでは、高血圧の有病率は、30歳以下から50歳代まで、家族歴のないグループの2倍あった。つまり、この年齢層では、高血圧の家族歴が強いリスク因子であることが分かった。全体で見ると、高血圧発症に対する家族歴のオッズ比は1.75、加齢10年間のオッズ比は1.72だった。

 糖尿病の有病率は、家族歴がないグループでおよそ3%で、加齢による増加もわずかでしかなかたった。ところが、家族歴があるグループでは、糖尿病の有病率は家族歴がないグループの5倍以上で、加齢による有病率の増加も明らかであった。結局、糖尿病発症に対する家族歴のオッズ比は5.45で、加齢10年間のオッズ比は2.30だった。

 これらの結果から研究グループは、「高血圧では家族歴と加齢が同等でかつ相加的、糖尿病では家族歴が重要な発症因子であることが明らかになった」と結論付けた。(三和護)

 


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7