2004.10.28

【ピックアップ◆日本高血圧学会】家族歴と加齢の影響、高血圧では同等で糖尿病では家族歴が重要

 高血圧と糖尿病について、それぞれの発症に対する家族歴と加齢の影響を調べた研究で、高血圧では家族歴と加齢が同等で相加的、糖尿病では家族歴が重要という結果が報告された。医療法人エムエム会マッターホルン病院の白山泰山氏らが10月に開催された日本高血圧学会で発表した。

 研究グループは、加齢にともなう高血圧や糖尿病の罹患率の変化と、それぞれの家族歴の影響を検討するため、職場検診を受診した17歳から71歳の男性1155人(平均年齢42.7±12.1歳)を対象に解析を行った。

 収縮期血圧140mmHgかつまたは拡張期血圧90mmHg以上または高血圧治療中の人を「高血圧」、HbA1c6.6%以上または糖尿病治療中の人を「糖尿病」とし、それぞれの有病率を年代別、家族歴の有無で比較した。

 その結果、全体の高血圧の有病率は27.1%、糖尿病は3.6%だった。

 高血圧については、その有病率は家族歴にかかわらず加齢とともに上昇した。その一方で、家族歴があるグループでは、高血圧の有病率は、30歳以下から50歳代まで、家族歴のないグループの2倍あった。つまり、この年齢層では、高血圧の家族歴が強いリスク因子であることが分かった。全体で見ると、高血圧発症に対する家族歴のオッズ比は1.75、加齢10年間のオッズ比は1.72だった。

 糖尿病の有病率は、家族歴がないグループでおよそ3%で、加齢による増加もわずかでしかなかたった。ところが、家族歴があるグループでは、糖尿病の有病率は家族歴がないグループの5倍以上で、加齢による有病率の増加も明らかであった。結局、糖尿病発症に対する家族歴のオッズ比は5.45で、加齢10年間のオッズ比は2.30だった。

 これらの結果から研究グループは、「高血圧では家族歴と加齢が同等でかつ相加的、糖尿病では家族歴が重要な発症因子であることが明らかになった」と結論付けた。(三和護)

 


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0