2004.10.27

FDAがMRIモニターによる子宮筋腫の超音波治療装置を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は10月22日、子宮筋腫の治療装置で、MRI(磁気共鳴画像)でモニターをしながら超音波治療を行う「ExAblate System」を承認した。現在行われている、ホルモン療法や筋腫摘出、子宮摘出に加えた、子宮筋腫治療の新たな選択肢となる。

 ExAblate Systemは、将来妊娠をする意思のない人が対象となる。MRIで治療を行う部位をモニターし、筋腫に超音波ビームを照射し、加熱、破壊する仕組み。1回の治療で、複数回にわたって筋腫組織を加熱するため、治療は長くて3時間に及ぶこともあるという。MRIと超音波装置を組み合わせたシステム、また、MRIによって組織の温度をモニターするのも、ExAblate System が初めてだとしている。

 治験は、世界7カ所の医療施設で、109人の子宮筋腫の患者を対象に行った。ExAblate Systemで治療を行った6カ月後、治療を受けた人の71%で子宮筋腫に関連する症状が軽減した。一方、治療を受けた人の21%が、1年以内に別の外科治療を受ける必要があったとしている。ExAblateの治療で一端は症状が軽くなっても、その後、再び症状が悪化し、別の治療法やExAblate Systemによる治療を再度受ける可能性があるようだ。

 ExAblate Systemの製造元は、InSightec社(イスラエル)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127