2004.10.27

FDAがMRIモニターによる子宮筋腫の超音波治療装置を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は10月22日、子宮筋腫の治療装置で、MRI(磁気共鳴画像)でモニターをしながら超音波治療を行う「ExAblate System」を承認した。現在行われている、ホルモン療法や筋腫摘出、子宮摘出に加えた、子宮筋腫治療の新たな選択肢となる。

 ExAblate Systemは、将来妊娠をする意思のない人が対象となる。MRIで治療を行う部位をモニターし、筋腫に超音波ビームを照射し、加熱、破壊する仕組み。1回の治療で、複数回にわたって筋腫組織を加熱するため、治療は長くて3時間に及ぶこともあるという。MRIと超音波装置を組み合わせたシステム、また、MRIによって組織の温度をモニターするのも、ExAblate System が初めてだとしている。

 治験は、世界7カ所の医療施設で、109人の子宮筋腫の患者を対象に行った。ExAblate Systemで治療を行った6カ月後、治療を受けた人の71%で子宮筋腫に関連する症状が軽減した。一方、治療を受けた人の21%が、1年以内に別の外科治療を受ける必要があったとしている。ExAblateの治療で一端は症状が軽くなっても、その後、再び症状が悪化し、別の治療法やExAblate Systemによる治療を再度受ける可能性があるようだ。

 ExAblate Systemの製造元は、InSightec社(イスラエル)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335