2004.10.27

FDAがMRIモニターによる子宮筋腫の超音波治療装置を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は10月22日、子宮筋腫の治療装置で、MRI(磁気共鳴画像)でモニターをしながら超音波治療を行う「ExAblate System」を承認した。現在行われている、ホルモン療法や筋腫摘出、子宮摘出に加えた、子宮筋腫治療の新たな選択肢となる。

 ExAblate Systemは、将来妊娠をする意思のない人が対象となる。MRIで治療を行う部位をモニターし、筋腫に超音波ビームを照射し、加熱、破壊する仕組み。1回の治療で、複数回にわたって筋腫組織を加熱するため、治療は長くて3時間に及ぶこともあるという。MRIと超音波装置を組み合わせたシステム、また、MRIによって組織の温度をモニターするのも、ExAblate System が初めてだとしている。

 治験は、世界7カ所の医療施設で、109人の子宮筋腫の患者を対象に行った。ExAblate Systemで治療を行った6カ月後、治療を受けた人の71%で子宮筋腫に関連する症状が軽減した。一方、治療を受けた人の21%が、1年以内に別の外科治療を受ける必要があったとしている。ExAblateの治療で一端は症状が軽くなっても、その後、再び症状が悪化し、別の治療法やExAblate Systemによる治療を再度受ける可能性があるようだ。

 ExAblate Systemの製造元は、InSightec社(イスラエル)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132