2004.10.27

初期の多発性硬化症へのIFNベータ-1a投与は脳全体の容積減少を抑制、RCT試験の結果

 慢性孤立性症候群を呈し、多発性硬化症(MS)が疑われる患者には、インターフェロン(TNF)ベータ-1aが有効だ。臨床的に明確なMSの現れを遅らせ、MRIによって示される病気の活動性を抑制できる。また、MS患者には、脳実質の容積減少がしばしば見られ、減少の程度は、長期的障害の指標として注目されている。そこでイタリアの研究者らは、IFNベータ-1aが、脳の容積の変化に影響するかどうかを調べてLancet誌10月23日号に報告した。

 対象となったのは、IFNベータ-1aを孤立性症候群患者に投与したフェーズ3無作為割付比較対照試験の被験者だ。治療群には週1回、22マイクログラムのIFN・ベータ-1aが皮下注射された。試験開始時と1年後および2年後の脳実質の容積を示すMRIデータが得られた患者は、治療群および偽薬投与群ともに約100人だった。

 試験期間中に、治療群の31%、対照群の47%が臨床的に明確なMSとなった。脳容積の変化量(%)の平均は、対照群で1年目が−0.83%、その後2年目までが−0.67%、2年間では−1.68%だった。治療群はそれぞれ−0.62%、−0.61%、−1.18%だった。差は全て有意だった。

 治療効果は24カ月の時点で明白だった。得られた結果は、MSでは、発症から1〜2年の間に脳の容積が大きく減り、IFNベータ-1aの神経保護効果はこの時期に大きいことを確認した。この薬剤による早期治療は、明確なMSの発症率を減らすとともに、進行性の脳組織の減少を遅らせる効果があった。

 一方、新病変の形成と脳の容積減少の相関は中程度に留まり、早期でも、不可逆的な組織の損失の主な原因が、炎症性の髄鞘脱落にあるとは言えないことを示唆した。

 論文の原題は「Interferon beta-1a for brain tissue loss in patients at
presentation with syndromes suggestive of multiple sclerosis: a randomised,double-blind, placebo-controlled trial」、要約はこちらで閲覧できる(Lancet誌への登録が必要です)。 
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172