2004.10.26

皮膚潰瘍治療薬が変更された理由

 日経ドラッグインフォメーション10月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 63歳男性のNさんは糖尿病性皮膚潰瘍を足先に患い総合病院の内科に通院しています。いつもは本人が処方せんを持ってくるのですが、今回はNさんの奥さんが代わりに薬局を訪れました。Nさんの奥さんは処方せんを差し出しながら、次のような質問をしました。

 これまで、主人が使っていたイソジンシュガーという塗り薬はとても効きめがあって、傷も少しずつ治ってきていました。ところが今日、先生は「これ以上使っていると悪化するから」と薬を変えられました。なぜでしょうか。やっぱり糖尿病の患者に砂糖を塗っていると、血糖に悪い影響が及ぶからでしょうか。

■処方せん
(1) ダオニール2.5mg 4錠
    1日2回 朝夕食後 14日分
(2) キネダック錠 3錠
    1日3回 毎食前 14日分
(3) ドルナー錠20μg 6錠
    1日3回 毎食後 14日分
(4) オルセノン軟膏 90g
    1日2回 患部に塗布
*前回までは、(4)の代わりにイソジンシュガーパスタ(一般名:白糖・ポビドンヨード配合剤)が処方されていた。

Q イソジンシュガーパスタが、オルセノン軟膏(一般名:トレチノイントコフェリル)に変更されたのはどのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年10月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7