2004.10.26

皮膚潰瘍治療薬が変更された理由

 日経ドラッグインフォメーション10月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 63歳男性のNさんは糖尿病性皮膚潰瘍を足先に患い総合病院の内科に通院しています。いつもは本人が処方せんを持ってくるのですが、今回はNさんの奥さんが代わりに薬局を訪れました。Nさんの奥さんは処方せんを差し出しながら、次のような質問をしました。

 これまで、主人が使っていたイソジンシュガーという塗り薬はとても効きめがあって、傷も少しずつ治ってきていました。ところが今日、先生は「これ以上使っていると悪化するから」と薬を変えられました。なぜでしょうか。やっぱり糖尿病の患者に砂糖を塗っていると、血糖に悪い影響が及ぶからでしょうか。

■処方せん
(1) ダオニール2.5mg 4錠
    1日2回 朝夕食後 14日分
(2) キネダック錠 3錠
    1日3回 毎食前 14日分
(3) ドルナー錠20μg 6錠
    1日3回 毎食後 14日分
(4) オルセノン軟膏 90g
    1日2回 患部に塗布
*前回までは、(4)の代わりにイソジンシュガーパスタ(一般名:白糖・ポビドンヨード配合剤)が処方されていた。

Q イソジンシュガーパスタが、オルセノン軟膏(一般名:トレチノイントコフェリル)に変更されたのはどのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年10月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449