2004.10.26

皮膚潰瘍治療薬が変更された理由

 日経ドラッグインフォメーション10月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 63歳男性のNさんは糖尿病性皮膚潰瘍を足先に患い総合病院の内科に通院しています。いつもは本人が処方せんを持ってくるのですが、今回はNさんの奥さんが代わりに薬局を訪れました。Nさんの奥さんは処方せんを差し出しながら、次のような質問をしました。

 これまで、主人が使っていたイソジンシュガーという塗り薬はとても効きめがあって、傷も少しずつ治ってきていました。ところが今日、先生は「これ以上使っていると悪化するから」と薬を変えられました。なぜでしょうか。やっぱり糖尿病の患者に砂糖を塗っていると、血糖に悪い影響が及ぶからでしょうか。

■処方せん
(1) ダオニール2.5mg 4錠
    1日2回 朝夕食後 14日分
(2) キネダック錠 3錠
    1日3回 毎食前 14日分
(3) ドルナー錠20μg 6錠
    1日3回 毎食後 14日分
(4) オルセノン軟膏 90g
    1日2回 患部に塗布
*前回までは、(4)の代わりにイソジンシュガーパスタ(一般名:白糖・ポビドンヨード配合剤)が処方されていた。

Q イソジンシュガーパスタが、オルセノン軟膏(一般名:トレチノイントコフェリル)に変更されたのはどのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年10月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84