2004.10.26

抗真菌剤のパルス療法と睡眠剤服用のタイミング

 日経ドラッグインフォメーション10月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 10日前に皮膚科で爪白癬のパルス療法のため内服の抗真菌剤を処方された30歳の男性Sさんが、出張先から薬局に電話をかけ、次のような質問をしました。

 10日前にそちらでいただいた薬を指示された通り、1週間で飲み終えました。実は、昨日から出張先でよく眠れないため、ほかの薬局で以前もらった睡眠薬を飲みたいのですが、皮膚科の薬とは一緒に飲まないよう説明された記憶があります。でも、もうその薬は飲んでいないので、今夜は睡眠薬を飲んでも大丈夫ですか。

■処方せん
 イトリゾールカプセル50 8カプセル
 1日2回 朝夕食後 7日分
*この患者には、内科診療所からハルシオン0.25mg錠(一般名:トリアゾラム)が処方されている。

Q Sさんのハルシオンの服用に関する質問の答えとして、正しいのは次のうちどれか。
(1) イトリゾール(一般名:イトラコナゾール)を服用しない日においては、ハルシオンの服用は問題ない。
(2) イトリゾールの服用終了後3日以上経過していれば、ハルシオンとの相互作用はほとんど生じないので問題ない。
(3) イトリゾールによるパルス療法の休薬期間中(服用終了日から21日間経過するまで)は、ハルシオンを服用すべきではない。

 答えは本誌2004年10月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256