2004.10.26

抗真菌剤のパルス療法と睡眠剤服用のタイミング

 日経ドラッグインフォメーション10月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 10日前に皮膚科で爪白癬のパルス療法のため内服の抗真菌剤を処方された30歳の男性Sさんが、出張先から薬局に電話をかけ、次のような質問をしました。

 10日前にそちらでいただいた薬を指示された通り、1週間で飲み終えました。実は、昨日から出張先でよく眠れないため、ほかの薬局で以前もらった睡眠薬を飲みたいのですが、皮膚科の薬とは一緒に飲まないよう説明された記憶があります。でも、もうその薬は飲んでいないので、今夜は睡眠薬を飲んでも大丈夫ですか。

■処方せん
 イトリゾールカプセル50 8カプセル
 1日2回 朝夕食後 7日分
*この患者には、内科診療所からハルシオン0.25mg錠(一般名:トリアゾラム)が処方されている。

Q Sさんのハルシオンの服用に関する質問の答えとして、正しいのは次のうちどれか。
(1) イトリゾール(一般名:イトラコナゾール)を服用しない日においては、ハルシオンの服用は問題ない。
(2) イトリゾールの服用終了後3日以上経過していれば、ハルシオンとの相互作用はほとんど生じないので問題ない。
(3) イトリゾールによるパルス療法の休薬期間中(服用終了日から21日間経過するまで)は、ハルシオンを服用すべきではない。

 答えは本誌2004年10月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0