2004.10.26

抗真菌剤のパルス療法と睡眠剤服用のタイミング

 日経ドラッグインフォメーション10月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 10日前に皮膚科で爪白癬のパルス療法のため内服の抗真菌剤を処方された30歳の男性Sさんが、出張先から薬局に電話をかけ、次のような質問をしました。

 10日前にそちらでいただいた薬を指示された通り、1週間で飲み終えました。実は、昨日から出張先でよく眠れないため、ほかの薬局で以前もらった睡眠薬を飲みたいのですが、皮膚科の薬とは一緒に飲まないよう説明された記憶があります。でも、もうその薬は飲んでいないので、今夜は睡眠薬を飲んでも大丈夫ですか。

■処方せん
 イトリゾールカプセル50 8カプセル
 1日2回 朝夕食後 7日分
*この患者には、内科診療所からハルシオン0.25mg錠(一般名:トリアゾラム)が処方されている。

Q Sさんのハルシオンの服用に関する質問の答えとして、正しいのは次のうちどれか。
(1) イトリゾール(一般名:イトラコナゾール)を服用しない日においては、ハルシオンの服用は問題ない。
(2) イトリゾールの服用終了後3日以上経過していれば、ハルシオンとの相互作用はほとんど生じないので問題ない。
(3) イトリゾールによるパルス療法の休薬期間中(服用終了日から21日間経過するまで)は、ハルシオンを服用すべきではない。

 答えは本誌2004年10月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16