2004.10.25

個人輸入の経口妊娠中絶薬、「個人で使用することは危険、やめて」

 国内では承認されていない経口妊娠中絶薬について、厚生労働省は10月25日、「個人で使用することは危険なので、やめてください」と異例の警告を発した。今回個人輸入を制限し注意喚起の対象となった経口妊娠中絶薬は、ミフェジン(Mifegyne、EUでの販売名)、ミフェプレックス(Mifeprex、米国での販売名)、息隠(米非司酉同片、中国での販売名)。一般名はミフェプリストン(Mifepristone) 。開発時の名称である「RU486」と呼称されることもある。

 厚労省によると、これらの薬は、手術が必要となる出血を起こすことが知られており、欧米でも医師の処方と経過観察が必要とされる医薬品である。そのため、安易な個人輸入で使用されることによって健康被害が発生する懸念がある。

 このため、医療機関を受診しないで個人で使用することの危険性を厚生労働省のホームページや報道機関を通じて呼びかけるとともに、個人で輸入して安易に使用されないよう、厚生労働省のホームページにQ&Aを掲載して注意を広く呼びかけるとともに、健康被害の実態を把握し注意喚起の対応を進めるため日本医師会などの関係団体あてに協力を依頼した。

 また、個人輸入代行業者のインターネット上の広告等について、監視指導を徹底するほか、インターネットで広告を行っている個人輸入代行業者やプロバイダに対して警告メールを送付し監視指導の強化を図った。

 個人輸入に対しては、経口妊娠中絶薬については、これまでは少量であれば厚生労働省での手続きが無くても個人で輸入できていたが、これを改め、原則として、医師の処方に基づくことが地方厚生局で確認できた場合に限って輸入が可能となるよう、個人輸入を制限することにした。 (三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正