2004.10.25

個人輸入の経口妊娠中絶薬、「個人で使用することは危険、やめて」

 国内では承認されていない経口妊娠中絶薬について、厚生労働省は10月25日、「個人で使用することは危険なので、やめてください」と異例の警告を発した。今回個人輸入を制限し注意喚起の対象となった経口妊娠中絶薬は、ミフェジン(Mifegyne、EUでの販売名)、ミフェプレックス(Mifeprex、米国での販売名)、息隠(米非司酉同片、中国での販売名)。一般名はミフェプリストン(Mifepristone) 。開発時の名称である「RU486」と呼称されることもある。

 厚労省によると、これらの薬は、手術が必要となる出血を起こすことが知られており、欧米でも医師の処方と経過観察が必要とされる医薬品である。そのため、安易な個人輸入で使用されることによって健康被害が発生する懸念がある。

 このため、医療機関を受診しないで個人で使用することの危険性を厚生労働省のホームページや報道機関を通じて呼びかけるとともに、個人で輸入して安易に使用されないよう、厚生労働省のホームページにQ&Aを掲載して注意を広く呼びかけるとともに、健康被害の実態を把握し注意喚起の対応を進めるため日本医師会などの関係団体あてに協力を依頼した。

 また、個人輸入代行業者のインターネット上の広告等について、監視指導を徹底するほか、インターネットで広告を行っている個人輸入代行業者やプロバイダに対して警告メールを送付し監視指導の強化を図った。

 個人輸入に対しては、経口妊娠中絶薬については、これまでは少量であれば厚生労働省での手続きが無くても個人で輸入できていたが、これを改め、原則として、医師の処方に基づくことが地方厚生局で確認できた場合に限って輸入が可能となるよう、個人輸入を制限することにした。 (三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97