2004.10.25

【日本高血圧学会速報】 終了目前のJATOSで中間報告、脳心腎合併症の発症率は20.9例/1000例・年

 10月7日のKeynoteセッション1「介入試験」において、超高齢者を対象にわが国で進行中の介入試験、JATOS(The Japanese Trial to Assess Optimal Bolld Pressure in Elderly Hypertensive Patients)の中間報告が、横浜船員保険病院内科の石井當男氏により報告された。

 JATOSは高齢者の至適降圧目標値を明らかにすべく、わが国で行われている無作為化試験である。65〜85歳で収縮期血圧160mmHg以上の高血圧例を対象に、降圧目標を「140mmHg未満」にした場合と「160mmHg未満140mmHg」にした場合の脳心腎合併症の発症率が比較される。PROBE方式が採用されており、治療はオープンラベルで行い、治療群を知らされていないグループが評価判定を行う。

 現在「140mmHg未満」群に2165例、「160mmHg未満」群に2155例が割り付けられ追跡が行われている。平均年齢は74歳と高く、試験開始時の血圧は172/89mmHgだった。

 開始1年後、目標血圧に達していたのは「140mmHg未満」群の59.5%、「160mmHg未満」群の67.4%で、両群間の血圧の差は7.2/2.4mmHg(p<0.001)となっていた。

 また、昨年8月の時点で87例が脳心腎合併症をきたしており、発症率は20.9例/1000例・年となるという。「諸外国の試験に比べ対象が高齢であるにもかかわらず、発症率はさほど高くない」と石井氏は述べた。また死亡率も1.7例/1000例・年と低値だった(平均61.5歳を対象としたHOTスタディでは8.3/1000例・年)。

 本試験、本年末には終了予定とのことである。

(宇津貴史、医学レポーター)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「高血圧治療に関する調査 2004」 ご協力のお願い

 大規模臨床試験「ALLHAT」の発表以降、米国や欧州で高血圧治療のガイドラインが見直され、日本でも2004年に新しいガイドラインが提示されるに至りました。これを受けMedWaveでは今年も高血圧治療の「今」を明らかにする「高血圧治療に関する調査 2004」を実施しています。
アンケートは以下のページからどうぞ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/doctor25.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1707
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:198
  3. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:113
  6. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  7. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:110
  9. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:53
  10. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:175