2004.10.25

【日本高血圧学会速報】 終了目前のJATOSで中間報告、脳心腎合併症の発症率は20.9例/1000例・年

 10月7日のKeynoteセッション1「介入試験」において、超高齢者を対象にわが国で進行中の介入試験、JATOS(The Japanese Trial to Assess Optimal Bolld Pressure in Elderly Hypertensive Patients)の中間報告が、横浜船員保険病院内科の石井當男氏により報告された。

 JATOSは高齢者の至適降圧目標値を明らかにすべく、わが国で行われている無作為化試験である。65〜85歳で収縮期血圧160mmHg以上の高血圧例を対象に、降圧目標を「140mmHg未満」にした場合と「160mmHg未満140mmHg」にした場合の脳心腎合併症の発症率が比較される。PROBE方式が採用されており、治療はオープンラベルで行い、治療群を知らされていないグループが評価判定を行う。

 現在「140mmHg未満」群に2165例、「160mmHg未満」群に2155例が割り付けられ追跡が行われている。平均年齢は74歳と高く、試験開始時の血圧は172/89mmHgだった。

 開始1年後、目標血圧に達していたのは「140mmHg未満」群の59.5%、「160mmHg未満」群の67.4%で、両群間の血圧の差は7.2/2.4mmHg(p<0.001)となっていた。

 また、昨年8月の時点で87例が脳心腎合併症をきたしており、発症率は20.9例/1000例・年となるという。「諸外国の試験に比べ対象が高齢であるにもかかわらず、発症率はさほど高くない」と石井氏は述べた。また死亡率も1.7例/1000例・年と低値だった(平均61.5歳を対象としたHOTスタディでは8.3/1000例・年)。

 本試験、本年末には終了予定とのことである。

(宇津貴史、医学レポーター)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「高血圧治療に関する調査 2004」 ご協力のお願い

 大規模臨床試験「ALLHAT」の発表以降、米国や欧州で高血圧治療のガイドラインが見直され、日本でも2004年に新しいガイドラインが提示されるに至りました。これを受けMedWaveでは今年も高血圧治療の「今」を明らかにする「高血圧治療に関する調査 2004」を実施しています。
アンケートは以下のページからどうぞ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/doctor25.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3