2004.10.25

【日本高血圧学会速報】 降圧不十分は医師の意識に原因? HOMED-BP中間報告

 家庭血圧測定による至適降圧目標を探るために進行中のHOMED-BP(Hypertension Objective Treatment Based on Measurement by Electrical Devices of Blood Pressure )研究だが、家庭血圧125/80mmHg未満を降圧目標とする「積極的降圧群」におけるコントロール不良の原因を探ったところ、医師の意識が関わっている可能性が示唆された。東北大学臨床薬学の齊藤伸氏が、10月7日のKeynoteセッション1「介入試験」で報告した。

 HOMED-BP研究では降圧目標を、家庭血圧で125〜134/80〜84mHgとする「通常降圧群」と「積極的降圧群」に分け、イベント発生の差を比較することになっている。しかし試験開始1年後の血圧を見ると、「積極的降圧群」における目標血圧達成率は「通常血圧群」に比べ有意に低く、収縮期・拡張期ともに目標血圧に達していたのは約2割に過ぎなかった。

 また、試験開始6カ月後に目標血圧に達していない例のうち55%では、降圧治療が強化されていなかった。  

 そこで背景を探ったところ、降圧治療が強化されなかった例では強化された例に比べ、「収縮期血圧135mmHg未満」が有意に多かった(52% vs 39%、p=0.04)。

 次に「拡張期血圧の過降圧をおそれた」可能性を探るため、強化群と非強化群の拡張期血圧を比較したが、拡張期血圧が80mmHg未満まで低下していた例は、非強化群37%、強化群44%で有意差はなかった。

 また「診療所血圧で収縮期血圧が140mmHg未満」の割合も、非強化群69%、強化群63%で差はなかった。拡張期血圧90mmHg未満の割合も同様だった。

 これらより齋藤氏は「家庭血圧で収縮期血圧135mmHg未満が達成できると、医師が治療効果に満足して、それ以上治療が強化されない可能性がある」と指摘した。

 なお、HOMED-BP研究では2005年12月まで参加者を募っている。詳細はこちらまで。  
(宇津貴史、医学レポーター) 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「高血圧治療に関する調査 2004」 ご協力のお願い

 大規模臨床試験「ALLHAT」の発表以降、米国や欧州で高血圧治療のガイドラインが見直され、日本でも2004年に新しいガイドラインが提示されるに至りました。これを受けMedWaveでは今年も高血圧治療の「今」を明らかにする「高血圧治療に関する調査 2004」を実施しています。
アンケートは以下のページからどうぞ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/doctor25.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20