2004.10.25

【日本高血圧学会速報】 降圧不十分は医師の意識に原因? HOMED-BP中間報告

 家庭血圧測定による至適降圧目標を探るために進行中のHOMED-BP(Hypertension Objective Treatment Based on Measurement by Electrical Devices of Blood Pressure )研究だが、家庭血圧125/80mmHg未満を降圧目標とする「積極的降圧群」におけるコントロール不良の原因を探ったところ、医師の意識が関わっている可能性が示唆された。東北大学臨床薬学の齊藤伸氏が、10月7日のKeynoteセッション1「介入試験」で報告した。

 HOMED-BP研究では降圧目標を、家庭血圧で125〜134/80〜84mHgとする「通常降圧群」と「積極的降圧群」に分け、イベント発生の差を比較することになっている。しかし試験開始1年後の血圧を見ると、「積極的降圧群」における目標血圧達成率は「通常血圧群」に比べ有意に低く、収縮期・拡張期ともに目標血圧に達していたのは約2割に過ぎなかった。

 また、試験開始6カ月後に目標血圧に達していない例のうち55%では、降圧治療が強化されていなかった。  

 そこで背景を探ったところ、降圧治療が強化されなかった例では強化された例に比べ、「収縮期血圧135mmHg未満」が有意に多かった(52% vs 39%、p=0.04)。

 次に「拡張期血圧の過降圧をおそれた」可能性を探るため、強化群と非強化群の拡張期血圧を比較したが、拡張期血圧が80mmHg未満まで低下していた例は、非強化群37%、強化群44%で有意差はなかった。

 また「診療所血圧で収縮期血圧が140mmHg未満」の割合も、非強化群69%、強化群63%で差はなかった。拡張期血圧90mmHg未満の割合も同様だった。

 これらより齋藤氏は「家庭血圧で収縮期血圧135mmHg未満が達成できると、医師が治療効果に満足して、それ以上治療が強化されない可能性がある」と指摘した。

 なお、HOMED-BP研究では2005年12月まで参加者を募っている。詳細はこちらまで。  
(宇津貴史、医学レポーター) 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「高血圧治療に関する調査 2004」 ご協力のお願い

 大規模臨床試験「ALLHAT」の発表以降、米国や欧州で高血圧治療のガイドラインが見直され、日本でも2004年に新しいガイドラインが提示されるに至りました。これを受けMedWaveでは今年も高血圧治療の「今」を明らかにする「高血圧治療に関する調査 2004」を実施しています。
アンケートは以下のページからどうぞ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/doctor25.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1