2004.10.22

COX-2阻害薬は従来のNSAIDに比べ、PPIの服用リスクが約3分の2に減少

 関節リウマチまたは変形性関節症の人が、COX-2阻害薬を服用すると、従来のNSAIDを服用した場合に比べ、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用リスクがおよそ3分の2に減少するようだ。これは、米National Databank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日のポスターセッションで発表した。米国では、PPIを胃腸症状や胃潰瘍などの治療と予防の目的で処方していることから、COX-2阻害薬の胃腸への影響が、従来のNSAIDよりも少ない可能性が推測できる。

 Wolfe氏らは、関節リウマチまたは変形性関節症の患者、計9230人について、3年間追跡した。被験者は全て、試験開始時点ではPPIを服用していなかった。

 年齢や性別、COX-2服用者の選択バイアスなどについては、補正を行った。その結果、関節リウマチと変形性関節症全体で見てみると、COX-2以外のNSAIDを服用している人は、COX-2を服用している人に比べ、PPIの服用リスクは1.45(95%信頼区間:1.22〜1.72)倍に増えた。関節リウマチのみについて見てみると、この値は1.58(同:1.31〜1.91)倍だった。

 また、関節リウマチと変形性関節症全体で、COX-2を服用している人はNSAIDを全く服用していない人にくらべ、PPIの服用リスクは1.27(同:1.10〜1.48)倍だった。一方、COX-2以外のNSAID服用者は、NSAIDを全く服用していない人に比べ、同リスクは1.88(同:1.59〜2.21)倍にも上った。

 研究グループは、従来のNSAIDもCOX-2阻害薬も、共にPPIの処方を促すものの、COX-2阻害薬の方がその傾向が弱いようだ、と結論付けた。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130