2004.10.22

COX-2阻害薬は従来のNSAIDに比べ、PPIの服用リスクが約3分の2に減少

 関節リウマチまたは変形性関節症の人が、COX-2阻害薬を服用すると、従来のNSAIDを服用した場合に比べ、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用リスクがおよそ3分の2に減少するようだ。これは、米National Databank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日のポスターセッションで発表した。米国では、PPIを胃腸症状や胃潰瘍などの治療と予防の目的で処方していることから、COX-2阻害薬の胃腸への影響が、従来のNSAIDよりも少ない可能性が推測できる。

 Wolfe氏らは、関節リウマチまたは変形性関節症の患者、計9230人について、3年間追跡した。被験者は全て、試験開始時点ではPPIを服用していなかった。

 年齢や性別、COX-2服用者の選択バイアスなどについては、補正を行った。その結果、関節リウマチと変形性関節症全体で見てみると、COX-2以外のNSAIDを服用している人は、COX-2を服用している人に比べ、PPIの服用リスクは1.45(95%信頼区間:1.22〜1.72)倍に増えた。関節リウマチのみについて見てみると、この値は1.58(同:1.31〜1.91)倍だった。

 また、関節リウマチと変形性関節症全体で、COX-2を服用している人はNSAIDを全く服用していない人にくらべ、PPIの服用リスクは1.27(同:1.10〜1.48)倍だった。一方、COX-2以外のNSAID服用者は、NSAIDを全く服用していない人に比べ、同リスクは1.88(同:1.59〜2.21)倍にも上った。

 研究グループは、従来のNSAIDもCOX-2阻害薬も、共にPPIの処方を促すものの、COX-2阻害薬の方がその傾向が弱いようだ、と結論付けた。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22