2004.10.22

COX-2阻害薬は従来のNSAIDに比べ、PPIの服用リスクが約3分の2に減少

 関節リウマチまたは変形性関節症の人が、COX-2阻害薬を服用すると、従来のNSAIDを服用した場合に比べ、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用リスクがおよそ3分の2に減少するようだ。これは、米National Databank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日のポスターセッションで発表した。米国では、PPIを胃腸症状や胃潰瘍などの治療と予防の目的で処方していることから、COX-2阻害薬の胃腸への影響が、従来のNSAIDよりも少ない可能性が推測できる。

 Wolfe氏らは、関節リウマチまたは変形性関節症の患者、計9230人について、3年間追跡した。被験者は全て、試験開始時点ではPPIを服用していなかった。

 年齢や性別、COX-2服用者の選択バイアスなどについては、補正を行った。その結果、関節リウマチと変形性関節症全体で見てみると、COX-2以外のNSAIDを服用している人は、COX-2を服用している人に比べ、PPIの服用リスクは1.45(95%信頼区間:1.22〜1.72)倍に増えた。関節リウマチのみについて見てみると、この値は1.58(同:1.31〜1.91)倍だった。

 また、関節リウマチと変形性関節症全体で、COX-2を服用している人はNSAIDを全く服用していない人にくらべ、PPIの服用リスクは1.27(同:1.10〜1.48)倍だった。一方、COX-2以外のNSAID服用者は、NSAIDを全く服用していない人に比べ、同リスクは1.88(同:1.59〜2.21)倍にも上った。

 研究グループは、従来のNSAIDもCOX-2阻害薬も、共にPPIの処方を促すものの、COX-2阻害薬の方がその傾向が弱いようだ、と結論付けた。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22