2004.10.22

【ピックアップ■国際福祉機器展2004】 EREVO JAPAN、子供用車いすを相次いで発売

 10月14日、国際福祉機器展2004に足を運びました。例年のように入場者が多く、にぎわっていました。

 一通り会場をめぐって、気になった商品を紹介します。まず右写真ですが、EREVO JAPANのブースに並んだ小さな車いすです。実際の商品ではなく、今回の展示用に作ったアイテムとのこと。「子供に介護を知ってもらうための教育用の車いすでは」と思えたのですが、同社が力を注いでいる子供用車いすのミニチュアでした。

 今後、安定した座位を実現する「BERRY」、床に座った子どもたちを一緒に遊ぶための「GOODY」(写真真ん中のいすに近いイメージ)、自走式の「DADDY」、介助方の「PAPPIE」など年内から年初にかけて発売する予定だそうです。同社の子供用車いすについてはこちらをご覧ください。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正