2004.10.22

大規模疫学研究が成長パターンと乳ガン・リスクの関係を示す

 成人女性の身長と肥満度指数(BMI)が、乳ガン・リスクに関係することは知られている。だが、出生児体重に代表される胎内での成長パターンまたは小児期および青年期の成長が、リスクに関係するかどうかは不明だ。この点を明らかにするために、デンマークの研究者らは、学校で行われた身体測定の記録という膨大なデータ・コレクションを用いた。詳細は New England Journal of Medicine誌10月14日号に報告された。

 研究者たちは、1930〜1975年に誕生し、Copenhagen市内の学校に通ったデンマーク人女性117415人を対象に、種々の要因と乳ガン・リスクの関係を評価した。対象となったのは、学校に保管されていた記録の中の毎年の身長と体重、および初潮年齢と、親が申告した出生体重、そして戸籍に記載された第一子出産年齢、出産児数、さらにデンマーク・ガン登録から得たそれらの人々の乳ガン発症状況などのデータだ。

 333万3359人−年の追跡の間に、3340人が乳ガンと診断された。分析の結果、出生時体重が重い場合の寄与危険度は7%(体重4.0キロなら2.5キロを1としたときの相対リスクは1.17)、14歳時での高身長の寄与危険度は15%(151.1cmを1.0としたとき167.6cmなら相対リスク1.51)、14歳時の低BMIの寄与危険度は15%、早期に成長がピークに到達した場合の寄与危険度は9%(10.4歳を1.0としたとき11.3歳が相対リスク1.04で最高、それ以降の相対リスクは1.0未満)となり、これらが独立したリスク因子であることが判明した。8歳時の高身長(相対リスク1.11)と、8〜14歳の間の身長のより大きな伸び(同1.17)もまた、乳ガンに関連していた。それ以外の因子は関係が見い出されなかった。

 論文の原題は「Growth Patterns and the Risk of Breast Cancer in Women」、概要はこちらで閲覧できる。
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33