2004.10.22

【Pharma Business】 本町インサイド:タイレノールの自社販売に踏み切ったJ&Jの前途は?

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は10月1日、解熱鎮痛薬「タイレノール」の自社販売を開始した。2000年の発売時から続いた武田薬品工業との販売提携を解消したためだ。オーラルケア製品「リーチ」や絆創膏「バンドエイド」など、コンシューマー事業では既に強固なブランドを確立しているJ&Jだが、今後はOTC薬事業を本格化する方針で、タイレノールをその尖兵にしたい考えだ。

 J&J本社でコーポレートバイスプレジデントを務めるブライアン・D・パーキンス氏は、「(J&JグループのOTC薬事業を担当する)マクニール社の製品を順次、日本市場に投入していく」と意気込む。だが、日本のOTC薬市場は伸び悩んでおり、ブランドスイッチが起こり追いにくい市場とも言われる。J&Jは、この難しい市場で成功を収められるだろうか(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13