2004.10.22

TNF阻害薬を服用しても肺炎予防接種への免疫反応は正常、メトトレキサート単独では反応が半減

 関節リウマチ患者でTNF阻害薬を服用していても、肺炎予防接種への免疫反応は、健康な人と同等に得られることがわかった。関節リウマチ患者は、感染症発症率が高いことが知られているため、肺炎ワクチンの投与が勧められており、この結果は日常診療に役立つ朗報である。一方、メトトレキサートを服用する人は、肺炎ワクチンへの免疫反応が半減した。これは、スウェーデンLund 大学のMeliha Crnkic氏が、10月20日の一般口演で発表したもの。

 Crnkic氏らは、関節リウマチの患者149人と、そうではない47人に対し、肺炎ワクチンを投与し、免疫反応を調べた。関節リウマチの患者のうち、TNF阻害薬を服用しメトトレキサートを服用していなかったのは62人、TNF阻害薬とメトトレキサートを服用していたのは50人、メトトレキサートを服用しTNF阻害薬を服用していなかったのは37人、関節リウマチではない健康な人による対照群は47人だった。なお、いずれの関節リウマチ患者の群においても、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)も服用している可能性があった。

 ワクチン投与後4〜6週間で、肺炎に関連する血清抗体濃度が投与前の3倍以上に増えた場合を、免疫反応陽性と判断した。その結果、免疫反応陽性の割合は、TNF阻害薬単独群が50%、TNF阻害薬とメトトレキサート群が32%と、対照群の38%と有意差はなかった。一方、メトトレキサート単独群は14%と、免疫反応陽性の人の割合が他のどの群と比べても有意に少なく、半分以下だった。さらに、有意差はなかったもののTNF阻害薬単独群で免疫反応陽性者の割合が多く、またメトトレキサートにTNF阻害薬を併用することで、免疫反応陽性者の割合が対象群と同等までに引き上げられるといった傾向があることも目をひいた。

 Crnkic氏は、「TNF阻害薬服用者の肺炎ワクチン投与は健康な人と同等の効果を期待できそうだが、これからメトトレキサート投与を始める人は、その前に肺炎ワクチン投与を受けた方がいいだろう」と締めくくった。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335