2004.10.22

【米国リウマチ学会速報】 TNF阻害薬を服用しても肺炎予防接種への免疫反応は正常、メトトレキサート単独では反応が半減

 関節リウマチ患者でTNF阻害薬を服用していても、肺炎予防接種への免疫反応は、健康な人と同等に得られることがわかった。関節リウマチ患者は、感染症発症率が高いことが知られているため、肺炎ワクチンの投与が勧められており、この結果は日常診療に役立つ朗報である。一方、メトトレキサートを服用する人は、肺炎ワクチンへの免疫反応が半減した。これは、スウェーデンLund 大学のMeliha Crnkic氏が、10月20日の一般口演で発表したもの。

 Crnkic氏らは、関節リウマチの患者149人と、そうではない47人に対し、肺炎ワクチンを投与し、免疫反応を調べた。関節リウマチの患者のうち、TNF阻害薬を服用しメトトレキサートを服用していなかったのは62人、TNF阻害薬とメトトレキサートを服用していたのは50人、メトトレキサートを服用しTNF阻害薬を服用していなかったのは37人、関節リウマチではない健康な人による対照群は47人だった。なお、いずれの関節リウマチ患者の群においても、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)も服用している可能性があった。

 ワクチン投与後4〜6週間で、肺炎に関連する血清抗体濃度が投与前の3倍以上に増えた場合を、免疫反応陽性と判断した。その結果、免疫反応陽性の割合は、TNF阻害薬単独群が50%、TNF阻害薬とメトトレキサート群が32%と、対照群の38%と有意差はなかった。一方、メトトレキサート単独群は14%と、免疫反応陽性の人の割合が他のどの群と比べても有意に少なく、半分以下だった。さらに、有意差はなかったもののTNF阻害薬単独群で免疫反応陽性者の割合が多く、またメトトレキサートにTNF阻害薬を併用することで、免疫反応陽性者の割合が対象群と同等までに引き上げられるといった傾向があることも目をひいた。

 Crnkic氏は、「TNF阻害薬服用者の肺炎ワクチン投与は健康な人と同等の効果を期待できそうだが、これからメトトレキサート投与を始める人は、その前に肺炎ワクチン投与を受けた方がいいだろう」と締めくくった。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正