2004.10.22

【米国リウマチ学会速報】 TNF阻害薬を服用しても肺炎予防接種への免疫反応は正常、メトトレキサート単独では反応が半減

 関節リウマチ患者でTNF阻害薬を服用していても、肺炎予防接種への免疫反応は、健康な人と同等に得られることがわかった。関節リウマチ患者は、感染症発症率が高いことが知られているため、肺炎ワクチンの投与が勧められており、この結果は日常診療に役立つ朗報である。一方、メトトレキサートを服用する人は、肺炎ワクチンへの免疫反応が半減した。これは、スウェーデンLund 大学のMeliha Crnkic氏が、10月20日の一般口演で発表したもの。

 Crnkic氏らは、関節リウマチの患者149人と、そうではない47人に対し、肺炎ワクチンを投与し、免疫反応を調べた。関節リウマチの患者のうち、TNF阻害薬を服用しメトトレキサートを服用していなかったのは62人、TNF阻害薬とメトトレキサートを服用していたのは50人、メトトレキサートを服用しTNF阻害薬を服用していなかったのは37人、関節リウマチではない健康な人による対照群は47人だった。なお、いずれの関節リウマチ患者の群においても、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)も服用している可能性があった。

 ワクチン投与後4〜6週間で、肺炎に関連する血清抗体濃度が投与前の3倍以上に増えた場合を、免疫反応陽性と判断した。その結果、免疫反応陽性の割合は、TNF阻害薬単独群が50%、TNF阻害薬とメトトレキサート群が32%と、対照群の38%と有意差はなかった。一方、メトトレキサート単独群は14%と、免疫反応陽性の人の割合が他のどの群と比べても有意に少なく、半分以下だった。さらに、有意差はなかったもののTNF阻害薬単独群で免疫反応陽性者の割合が多く、またメトトレキサートにTNF阻害薬を併用することで、免疫反応陽性者の割合が対象群と同等までに引き上げられるといった傾向があることも目をひいた。

 Crnkic氏は、「TNF阻害薬服用者の肺炎ワクチン投与は健康な人と同等の効果を期待できそうだが、これからメトトレキサート投与を始める人は、その前に肺炎ワクチン投与を受けた方がいいだろう」と締めくくった。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48