2004.10.22

【米国リウマチ学会速報】 新クラスの生物学的製剤アバタセプト、TNF阻害薬抵抗性の患者に対し臨床的有効性が確認

 関節リウマチの生物学的製剤としては全く新しいクラスのアバタセプト(CTLA4Ig)を、TNF-α阻害薬に反応しなかった患者に対して投与したところ、プラセボに比べ、24週間で大幅な臨床的改善が見られたことが明らかになった。アバタセプト群の半数以上でACR20を達成し、割合にしてプラセボ群の約2.5倍にも上った。これは、アバタセプトに関する治験第3相「ATTAIN」(Abatacept Trial in Treatment of Anti-TNF Inadequate Responders)で、米Center for RheumatologyのJoel Kremer氏が、10月21日の一般口演で発表した。アバタセプトはT細胞副刺激モジュレーターで、TNF-α阻害薬とは全く異なる仕組みで炎症を抑制する。

 研究グループは、最低3カ月TNF-α阻害薬を投与した結果、適切な反応が得られなかった関節リウマチの患者391人を対象に、研究を行った。被験者は無作為に2群に分かれ、一方にはアバタセプト約10mg/kgを、試験開始第1日、15日、29日と、以降28日ごとに投与し、もう一方にはプラセボを投与した。なお、アバタセプト群とプラセボ群の、診断を受けてからの期間はそれぞれ平均12.2年と平均11.4年、HAQスコアは共に平均1.8、DAS28も共に平均6.9と、両群に差はなかった。

 24週目に、関節リウマチの活動性を評価する基準ACRコアセットについて調べたところ、ACR20を達成した割合は、プラセボ群で19.5%だったのに対し、アバタセプト群では50.4%と大幅な差があった(p<0.001)。ACR50とACR70を達成したのは、プラセボ群がそれぞれ3.8%と1.5%だったのに対し、アバタセプト群では20.3%と10.2%と、やはり大幅に上回った(それぞれp<0.001、p<0.005)。さらに寛快率について見てみると、プラセボ群では0.8%だったのに対し、アバタセプト群では10.0%だった(p<0.002)。なお、薬の有害作用の発生率は、両群で明らかな差は見られなかったという。

 アバタセプトは、TNF-α阻害薬に反応しない関節リウマチ患者の選択肢として注目されているが、会場からは、「1種類のTNF-α阻害薬に反応しなかった場合、アバタセプトでなく別の抗TNF-α阻害薬に変えてみてはどうなのか」との質問が出た。これに対しKremer氏は、「TNF-α阻害薬に抵抗性の関節リウマチ患者を対象に、別のTNF-α阻害薬の有効性を示す研究結果はまだない。また、TNF-α阻害薬とアバタセプトを比較した試験もない。こうした研究結果が出なければ、その質問に対する答えは出せない」とした。

 その上で、「一方、ATTAINの結果、TNF-α阻害薬に反応しない患者にアバタセプトが有効であることがわかった。また一般論として、患者が治療薬に反応しなかった場合、全く別のクラスの薬を選ぶ方が理にかなっており、そうした考え方は診療現場の慣行となっている」とした。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1