2004.10.22

SLE患者の癌罹患率、全癌では健常人の15%増、血液癌で2.75倍:大規模国際コホート調査で明らかに

 全身性エリテマトーデス(SLE)の患者では癌の罹患率が高いことが知られている。6カ国の23センターにおける約1万人の患者を平均8年間追跡した多施設の大規模国際コホート研究の結果が報告され、全癌では15%増だったが、肺癌では1.37倍、血液癌では2.75倍と高く、なかでも非ホジキンリンパ腫は3.64倍といずれも有意に高いことが分かった。Motreal General HospitalのSasha Bernatsky氏が、10月20日のポスターセッションC「SLEの臨床的側面III」で発表した。

 研究に参加したのは、米国、カナダ、英国、アイスランド、スウェーデン、韓国の23医療機関で、9846人のSLE患者を平均8年間追跡した。この間、441件の癌が発生した。患者の癌罹患率は、性、年齢と調査時点の癌罹患率で調整し、一般人口の癌罹患率との相対値SIR(standardized incidence ratio)を求めた。

 その結果、全癌では1.15で15%増にとどまったが、肺癌では1.37倍、肝胆道系では2.6倍と多く、血液癌では2.75倍と高かった。血液癌では非ホジキンリンパ腫が3.64倍と特に高かった。これはいずれも統計的に有意な高値だった。

 血液癌について属性による差違をみると、女性2.62倍に対して男性は3.34倍と高く、年齢別では40歳以下、および60歳以上に対して40代と50代が高かった。また、SLE発症から発癌までの時間については、1年以内では6.38倍、1〜4年では4.36倍と高く、以後は5〜9年で2.13倍、10〜19年で1.99倍と有意に高いが次第にリスクが低下する傾向が見られ、20年以上では1.28倍で一般人口との有意差は見られなかった。

 気になる人種差についてBernatsky氏らの今回の発表では提示されていないが、同氏によれば、アジア系では血液癌の罹患率は白人の半分程度と低いという。今後の課題については、「SLE治療で使用している薬剤と癌腫の関係について既にデータ解析を進めており、来年には報告したい」としていた。
(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84