2004.10.21

肺炎による入院リスクの増加、生物学的製剤よりプレドニゾンで高く

 関節リウマチ治療薬のうち、肺炎による入院リスクの増加は、生物学的製剤よりプレドニゾンで高いことが分かった。米国の関節リウマチ患者約1万6000人を対象にした調査によると、関節リウマチ治療薬のうちプレドニゾンとインフリキシマブ、レフルノミドで肺炎による入院リスクの増加が見られたが、その増加率は、生物学的製剤ではないコルチコステロイドのプレドニゾンが最も高かった。これは、米National Data Bank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日の一般口演で発表した。

 Wolfe氏は、米国の関節リウマチ患者1万5979人について、3万1586患者・年、最長4年間に渡り追跡調査した。患者の平均年齢は61.9歳、男性が22.8%、診断を受けてからの期間は平均15.9年だった。日常生活動作(ADL)スケールのHAQ(Health Assessment Questionnaire)は、平均1.12だった。なお、肺疾患の病歴のある人は、分析の対象から除いた。

 その結果、関節リウマチ患者の肺炎による入院リスク増加が見られたのは、プレドニゾン(ハザード比1.82、95%信頼区間:1.53〜2.16)、インフリキシマブ(同1.51、同:1.27〜1.80)、レフルノミド(同1.42、同:1.17〜1.73)だった。また、メトトレキサートとエタナーセプトは共に、増加が見られなかった。

 Wolfe氏は、「生物学的製剤による肺炎リスクの増加を懸念する傾向が強いものの、より広く使われているプレドニゾンの方が同リスクは高く、そちらにより注意を向けるべきだろう」とコメントした。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769