2004.10.21

肺炎による入院リスクの増加、生物学的製剤よりプレドニゾンで高く

 関節リウマチ治療薬のうち、肺炎による入院リスクの増加は、生物学的製剤よりプレドニゾンで高いことが分かった。米国の関節リウマチ患者約1万6000人を対象にした調査によると、関節リウマチ治療薬のうちプレドニゾンとインフリキシマブ、レフルノミドで肺炎による入院リスクの増加が見られたが、その増加率は、生物学的製剤ではないコルチコステロイドのプレドニゾンが最も高かった。これは、米National Data Bank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日の一般口演で発表した。

 Wolfe氏は、米国の関節リウマチ患者1万5979人について、3万1586患者・年、最長4年間に渡り追跡調査した。患者の平均年齢は61.9歳、男性が22.8%、診断を受けてからの期間は平均15.9年だった。日常生活動作(ADL)スケールのHAQ(Health Assessment Questionnaire)は、平均1.12だった。なお、肺疾患の病歴のある人は、分析の対象から除いた。

 その結果、関節リウマチ患者の肺炎による入院リスク増加が見られたのは、プレドニゾン(ハザード比1.82、95%信頼区間:1.53〜2.16)、インフリキシマブ(同1.51、同:1.27〜1.80)、レフルノミド(同1.42、同:1.17〜1.73)だった。また、メトトレキサートとエタナーセプトは共に、増加が見られなかった。

 Wolfe氏は、「生物学的製剤による肺炎リスクの増加を懸念する傾向が強いものの、より広く使われているプレドニゾンの方が同リスクは高く、そちらにより注意を向けるべきだろう」とコメントした。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正