2004.10.21

【米国リウマチ学会速報】 肺炎による入院リスクの増加、生物学的製剤よりプレドニゾンで高く

 関節リウマチ治療薬のうち、肺炎による入院リスクの増加は、生物学的製剤よりプレドニゾンで高いことが分かった。米国の関節リウマチ患者約1万6000人を対象にした調査によると、関節リウマチ治療薬のうちプレドニゾンとインフリキシマブ、レフルノミドで肺炎による入院リスクの増加が見られたが、その増加率は、生物学的製剤ではないコルチコステロイドのプレドニゾンが最も高かった。これは、米National Data Bank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日の一般口演で発表した。

 Wolfe氏は、米国の関節リウマチ患者1万5979人について、3万1586患者・年、最長4年間に渡り追跡調査した。患者の平均年齢は61.9歳、男性が22.8%、診断を受けてからの期間は平均15.9年だった。日常生活動作(ADL)スケールのHAQ(Health Assessment Questionnaire)は、平均1.12だった。なお、肺疾患の病歴のある人は、分析の対象から除いた。

 その結果、関節リウマチ患者の肺炎による入院リスク増加が見られたのは、プレドニゾン(ハザード比1.82、95%信頼区間:1.53〜2.16)、インフリキシマブ(同1.51、同:1.27〜1.80)、レフルノミド(同1.42、同:1.17〜1.73)だった。また、メトトレキサートとエタナーセプトは共に、増加が見られなかった。

 Wolfe氏は、「生物学的製剤による肺炎リスクの増加を懸念する傾向が強いものの、より広く使われているプレドニゾンの方が同リスクは高く、そちらにより注意を向けるべきだろう」とコメントした。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65