2004.10.21

【米国リウマチ学会速報】 肺炎による入院リスクの増加、生物学的製剤よりプレドニゾンで高く

 関節リウマチ治療薬のうち、肺炎による入院リスクの増加は、生物学的製剤よりプレドニゾンで高いことが分かった。米国の関節リウマチ患者約1万6000人を対象にした調査によると、関節リウマチ治療薬のうちプレドニゾンとインフリキシマブ、レフルノミドで肺炎による入院リスクの増加が見られたが、その増加率は、生物学的製剤ではないコルチコステロイドのプレドニゾンが最も高かった。これは、米National Data Bank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日の一般口演で発表した。

 Wolfe氏は、米国の関節リウマチ患者1万5979人について、3万1586患者・年、最長4年間に渡り追跡調査した。患者の平均年齢は61.9歳、男性が22.8%、診断を受けてからの期間は平均15.9年だった。日常生活動作(ADL)スケールのHAQ(Health Assessment Questionnaire)は、平均1.12だった。なお、肺疾患の病歴のある人は、分析の対象から除いた。

 その結果、関節リウマチ患者の肺炎による入院リスク増加が見られたのは、プレドニゾン(ハザード比1.82、95%信頼区間:1.53〜2.16)、インフリキシマブ(同1.51、同:1.27〜1.80)、レフルノミド(同1.42、同:1.17〜1.73)だった。また、メトトレキサートとエタナーセプトは共に、増加が見られなかった。

 Wolfe氏は、「生物学的製剤による肺炎リスクの増加を懸念する傾向が強いものの、より広く使われているプレドニゾンの方が同リスクは高く、そちらにより注意を向けるべきだろう」とコメントした。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1