2004.10.21

【米国リウマチ学会速報】 関節リウマチ患者へのリツキシマブ投与が、長期の臨床効果を証明

 関節リウマチ患者に対し、抗CD20モノクローナル抗体のリツキシマブを、メトトレキサートと併用することで、長期の臨床的改善が見られることがわかった。治療開始後24週と48週の時点において、臨床的改善が有意であることは既に発表済みだが、今回は、治療開始2年後の追跡結果が明らかになった。これは、英国Leeds General InfirmaryのP. Emery氏が、10月20日の一般口演で発表したもの。

 同試験の被験者は、関節リウマチの患者で、メトトレキサート(MTX)に対して適切な反応を示さなかった161人だった。関節リウマチの診断を受けてからの期間は平均10.4年と長く、関節リウマチの活動性を示す臨床的指標であるDAS (Disease Activity Score) 28の平均値も6.9と、症状も重かった。同試験は無作為化二重盲検だった。

 Emery氏らは被験者を4群に分け、MTXのみ、リツキシマブ(RTX)のみ、RTXとシクロホスファミド(CTX)、RTXとMTXをそれぞれ投与した。RTXは、いずれも治療開始第1日目と15日目にそれぞれ1g、静脈内投与し、その後の投与はなかった。また全群に対し、コルチコステロイドの17日投与を行った。

 104週間追跡した時点で残った被験者数は、MTX群が6人、RTX群が4人、RTXとCTX群が9人、RTXとMTX群が18人だった。ACRコアセットでACR70が6カ月以上持続した人の割合について見てみると、MTX単独投与の人では0%だったのに対し、RTXとMTX併用群では5%に上った。RTXとMTX併用群のACR70の平均持続期間は、109日だった。

 また、有意差は見られないものの、104週時点でACR50の割合は、MTX単独投与の人では11%だったのに対し、RTXとMTX併用群では21%、ACR20の割合は、MTX単独投与の人では14%だったのに対し、RTXとMTX併用群では34%だった。また、RTXを投与したいずれの群においても、重度の副作用の発生率の増加は見られなかった。

 Emery氏は、「2年間の最初に2回リツキシマブ投与を受けただけで、その後はメトトレキサートのみを服用した患者のうち、45%が、患者・医師ともに、2年間治療を変えずに維持したという点は、同レジメンによる治療の効果と安全性を支持する事実だ」とコメントした。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176