2004.10.21

日本の関節リウマチの有病率は欧米並みの1%、ここ40年間変化なし:原爆被爆者コホートの調査で判明

 米国の関節リウマチの有病率は1.0%とされているが、広島・長崎の被爆者コホートに対する研究から、日本でもほぼ同じ水準であることが分かった。1960年前後にも同様の調査が実施されており、40年前の有病率もほぼ同じ水準だという。放射線影響研究所臨床研究部の箱田雅之氏が10月19日のポスターセッションB「疫学1」で報告した。

 箱田氏らの研究グループは、1958年から広島と長崎の原爆被爆者を含む約2万人を対象とした成人健康調査の一環として実施された関節リウマチのサーベイランスデータを基に有病率を求めた。対象コホートは1958年時点で15歳以上の1万9961人、このうち半数は直接被曝はしていない。

 箱田氏らは、1958年から1966年と、1999から2003年3月に実施された調査結果から53歳以上の関節リウマチ患者数を求めた。その結果、1960年前後の関節リウマチの有病率は1.31%(95%信頼限界:1.00−1.62)で男性は0.77%、女性は1.52%だった。また現在の有病率は、1.04%(95%信頼限界:0.76−1.33)で男性は0.62%、女性は1.25%となった。40年間に有病率はやや下がったように見えるが、統計的な有意差はない(p=0.25)。被曝線量との相関関係は見られなかったという。

 これらのデータから箱田氏は、日本人の関節リウマチの有病率は1%前後、男女比はほぼ1:2で、欧米の有病率と変わりはないとしている。なお、米国リウマチ学会が発表している米国人の有病率は1.0%、男女比は1:2.5だった。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146