2004.10.21

日本の関節リウマチの有病率は欧米並みの1%、ここ40年間変化なし:原爆被爆者コホートの調査で判明

 米国の関節リウマチの有病率は1.0%とされているが、広島・長崎の被爆者コホートに対する研究から、日本でもほぼ同じ水準であることが分かった。1960年前後にも同様の調査が実施されており、40年前の有病率もほぼ同じ水準だという。放射線影響研究所臨床研究部の箱田雅之氏が10月19日のポスターセッションB「疫学1」で報告した。

 箱田氏らの研究グループは、1958年から広島と長崎の原爆被爆者を含む約2万人を対象とした成人健康調査の一環として実施された関節リウマチのサーベイランスデータを基に有病率を求めた。対象コホートは1958年時点で15歳以上の1万9961人、このうち半数は直接被曝はしていない。

 箱田氏らは、1958年から1966年と、1999から2003年3月に実施された調査結果から53歳以上の関節リウマチ患者数を求めた。その結果、1960年前後の関節リウマチの有病率は1.31%(95%信頼限界:1.00−1.62)で男性は0.77%、女性は1.52%だった。また現在の有病率は、1.04%(95%信頼限界:0.76−1.33)で男性は0.62%、女性は1.25%となった。40年間に有病率はやや下がったように見えるが、統計的な有意差はない(p=0.25)。被曝線量との相関関係は見られなかったという。

 これらのデータから箱田氏は、日本人の関節リウマチの有病率は1%前後、男女比はほぼ1:2で、欧米の有病率と変わりはないとしている。なお、米国リウマチ学会が発表している米国人の有病率は1.0%、男女比は1:2.5だった。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14