2004.10.21

睡眠改善薬は関節リウマチ患者の睡眠満足感の向上に寄与する

 関節リウマチ患者はしばしば不眠を訴える。このため、関節リウマチ患者に対する睡眠導入薬の効果を見るランダム化クロスオーバー試験を実施したところ、睡眠自体の物理的な改善はそれほど見られず、むしろ体感上の睡眠の質と量を改善することが明らかになった。米Minesota UniversityのJasvinder A.Singh氏らが、10月18日のポスターセッションA「関節リウマチの臨床的側面II」で報告した(写真、右からJasvinder Singh氏、共同演者のMarc Mahowald氏、Maren Mahowald氏)。

 Singh氏らの研究グループは、36〜74歳の男性9人、女性4人の関節リウマチ患者に対し、6種類の薬剤(アミトリプティリン、トリアゾラム、クロナゼパム、コデイン、カルビドーパ-Lドーパ、インドメタシンSE)に対する無作為化単盲検クロスオーバー試験を実施した。各薬剤を1カ月のウオッシュアウト期間をはさんで1カ月間投与し、投与前後に終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査を実施した。併せて、自己申告による入眠潜時、総睡眠時間、睡眠中の覚醒回数と睡眠の質に対する聞き取りを行った。

 その結果、対象者の平均で総睡眠時間は約6時間半、入眠潜時は19分と正常に近かったが、睡眠中の覚醒時間は84分、覚醒指数(AI)は33(回/1時間)と多く、睡眠中の覚醒回数も17回と頻繁だった。

 これに対して、コデイン投与では睡眠中の覚醒時間が平均で36分と有意に半減したほか、クロナゼパム投与ではAIが3分の1に当たる11、睡眠中の覚醒回数も3回、いずれも有意に減少した。このほか、アミトリプティリンとL-ドーパでも睡眠中覚醒時間の減少傾向が見られたが有意差は見られなかった。

 その一方で、患者報告では興味深い事実が判明した。ベースライン(試験開始時点)のPSGによる測定では19分だった入眠までの時間は、自己報告では60分と実に3倍も長く認識していた。半面、終夜の覚醒回数は平均でわずか2.8回と過少に感じていた。自分が思うより早く眠りにつき、夜間に起きた事実は記憶にないことが多いことになる。総睡眠時間についてはほぼPSGの測定値と一致していた。

 自己申告による薬剤の効果については、クロナゼパムで総睡眠時間が55分と有意な延長が見られたほか、インドメタシンとL-ドーパで覚醒回数の有意な減少報告が見られている。PSGによる測定では、薬剤によって上記の値は好転、増悪の両方が見られたが、自己報告では、入眠潜時、覚醒回数は有意差が見られないものも含め、ほぼすべての薬剤で睡眠が改善したと感じていた。

 これらの介入結果からSingh氏らは、睡眠導入剤は関節リウマチ患者の睡眠パラメータを顕著に改善することはないが、患者の体感上の睡眠の質と量を改善する傾向があると推察している。併せて、睡眠に関する患者の自己申告については、十分注意して解釈するように呼びかけている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0