2004.10.21

不活化ポリオ・ワクチンの使用で米国におけるVAPP発症が皆無に

 日本では、ポリオの予防接種に弱毒化経口生ワクチン(OPV)が用いられている。厚生労働省は現在、不活化ワクチン(IPV)への切り替えを準備している。一方、米国では2000年からIPVのみが用いられている。今回、米国の研究者らは、ポリオ・ワクチン接種方針の転換がワクチン関連麻痺性灰白髄炎(VAPP)の発症に及ぼした影響を明らかにするため調査を行い、詳細をJAMA誌10月13日号に報告した。

 米国で、野生のポリオ・ウイルスの感染による発症例が最後に報告されたのは1979年。カナダからの輸入例だった。また、分離ウイルスの遺伝学的研究は、米国内では1960年代末に野生ウイルスの伝播がなくなったことを示唆した。反面、OPVの投与が始まった1961年以降、1989年までは毎年約9人がVAPPを発症していた。これを憂えた米国は、1997年にワクチン接種方針を転換、IPVを2回、その後OPVを2回投与する方法が提示され、IPVのみ4回も選択可能になった。

 CDCが保管していた調査データと、National Immunization Survey(NIS)のデータを利用して、研究者らは、1990〜2003年のポリオ症例数、および、OPVの使用量とVAPP発生数の比を調べた。その結果、1990〜1999年にポリオを発症した患者は61人、うち59例がVAPPで、頻度はOPV290万回に1回の割合であることが明らかになった。残りの1例は輸入例で、もう1例は感染源が明らかでない。移行期間の1997〜1999年には13人のVAPP患者が発生したが、全員にOPVのみが投与されていた。2000年以降はVAPP発症者はいない。従って、ワクチン接種方針の変更は成果を上げ、VAPPの発生をなくすことができたといえる。

 論文の原題は「Vaccine Policy Changes and Epidemiology of Poliomyelitis in the United States」、概要はこちらで閲覧できる。
(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198