2004.10.20

グルコサミンが変形性関節症の構造自体を変えるDMOAD薬の基準を満たす

 変形性関節症の治療薬について、単に炎症を抑えるだけではなく、関節の構造自体に作用して、病気の進行を遅らせることができる薬に対し、DMOAD (disease modifying drugs for osteoarthritis )と分類しようという動きが出てきているが、グルコサミンがその基準を満たすことが明らかになった。これは、ベルギーLiege大学のOlivier Bruyere氏が、10月19日のポスターセッションで発表したもの。同氏らは、既に発表されたグルコサミンの変形性関節症に対する効果を示す研究結果について、再調査し、今年4月にフランス規制当局が公表したDMOADの基準のうち、これまでの研究で示していなかった評価項目を算定した。

 フランス規制当局は、DMOADの基準として、関節スペースの狭窄、痛み、機能の3点を、評価の第一項目とした。それに加え、第二の評価項目として、DMOADとしての治療に反応した患者の“治療反応者”、または反応しなかった“治療失敗者”の割合を示し、実薬がプラセボに対して有意にその割合に差があることを示さなくてはならないとしている。

 同氏らは、変形性関節症の患者に対するグルコサミンの効果を調べた、二つの無作為化プラセボ対照二重盲検試験について再調査した。被験者数は、試験開始時点で計414人、終了時点では計259人だった。グルコサミン投与量は1日1500mgだった。

 グルコサミン投与の結果、関節スペースの狭窄が0.5mm未満で、関節炎の痛みと機能性についての指標であるWestern Ontario MacMaster University Osteoarthritis Index(WOMAC)の合計または痛みに関する項目のスコアで20%以上の改善が見られた場合には、“治療反応者”と定義した。

 その結果、WOMAC の総スコアを定義として用いた場合には、プラセボ群の“治療反応者”は41人(32%)だったのに対し、グルコサミン群では71人(53%)に上った(p=0.0007)。この結果を相対リスクに換算すると、グルコサミンを服用すると、プラセボの場合に比べ、 “治療失敗者”になるリスクが0.68(95%信頼区間:0.54〜0.84)倍になることがわかった。

 Bruyere氏らは、グルコサミンはDMOADの新しい基準を満たすことができたと結論付けた。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正