2004.10.20

グルコサミンが変形性関節症の構造自体を変えるDMOAD薬の基準を満たす

 変形性関節症の治療薬について、単に炎症を抑えるだけではなく、関節の構造自体に作用して、病気の進行を遅らせることができる薬に対し、DMOAD (disease modifying drugs for osteoarthritis )と分類しようという動きが出てきているが、グルコサミンがその基準を満たすことが明らかになった。これは、ベルギーLiege大学のOlivier Bruyere氏が、10月19日のポスターセッションで発表したもの。同氏らは、既に発表されたグルコサミンの変形性関節症に対する効果を示す研究結果について、再調査し、今年4月にフランス規制当局が公表したDMOADの基準のうち、これまでの研究で示していなかった評価項目を算定した。

 フランス規制当局は、DMOADの基準として、関節スペースの狭窄、痛み、機能の3点を、評価の第一項目とした。それに加え、第二の評価項目として、DMOADとしての治療に反応した患者の“治療反応者”、または反応しなかった“治療失敗者”の割合を示し、実薬がプラセボに対して有意にその割合に差があることを示さなくてはならないとしている。

 同氏らは、変形性関節症の患者に対するグルコサミンの効果を調べた、二つの無作為化プラセボ対照二重盲検試験について再調査した。被験者数は、試験開始時点で計414人、終了時点では計259人だった。グルコサミン投与量は1日1500mgだった。

 グルコサミン投与の結果、関節スペースの狭窄が0.5mm未満で、関節炎の痛みと機能性についての指標であるWestern Ontario MacMaster University Osteoarthritis Index(WOMAC)の合計または痛みに関する項目のスコアで20%以上の改善が見られた場合には、“治療反応者”と定義した。

 その結果、WOMAC の総スコアを定義として用いた場合には、プラセボ群の“治療反応者”は41人(32%)だったのに対し、グルコサミン群では71人(53%)に上った(p=0.0007)。この結果を相対リスクに換算すると、グルコサミンを服用すると、プラセボの場合に比べ、 “治療失敗者”になるリスクが0.68(95%信頼区間:0.54〜0.84)倍になることがわかった。

 Bruyere氏らは、グルコサミンはDMOADの新しい基準を満たすことができたと結論付けた。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2