2004.10.20

グルコサミンが変形性関節症の構造自体を変えるDMOAD薬の基準を満たす

 変形性関節症の治療薬について、単に炎症を抑えるだけではなく、関節の構造自体に作用して、病気の進行を遅らせることができる薬に対し、DMOAD (disease modifying drugs for osteoarthritis )と分類しようという動きが出てきているが、グルコサミンがその基準を満たすことが明らかになった。これは、ベルギーLiege大学のOlivier Bruyere氏が、10月19日のポスターセッションで発表したもの。同氏らは、既に発表されたグルコサミンの変形性関節症に対する効果を示す研究結果について、再調査し、今年4月にフランス規制当局が公表したDMOADの基準のうち、これまでの研究で示していなかった評価項目を算定した。

 フランス規制当局は、DMOADの基準として、関節スペースの狭窄、痛み、機能の3点を、評価の第一項目とした。それに加え、第二の評価項目として、DMOADとしての治療に反応した患者の“治療反応者”、または反応しなかった“治療失敗者”の割合を示し、実薬がプラセボに対して有意にその割合に差があることを示さなくてはならないとしている。

 同氏らは、変形性関節症の患者に対するグルコサミンの効果を調べた、二つの無作為化プラセボ対照二重盲検試験について再調査した。被験者数は、試験開始時点で計414人、終了時点では計259人だった。グルコサミン投与量は1日1500mgだった。

 グルコサミン投与の結果、関節スペースの狭窄が0.5mm未満で、関節炎の痛みと機能性についての指標であるWestern Ontario MacMaster University Osteoarthritis Index(WOMAC)の合計または痛みに関する項目のスコアで20%以上の改善が見られた場合には、“治療反応者”と定義した。

 その結果、WOMAC の総スコアを定義として用いた場合には、プラセボ群の“治療反応者”は41人(32%)だったのに対し、グルコサミン群では71人(53%)に上った(p=0.0007)。この結果を相対リスクに換算すると、グルコサミンを服用すると、プラセボの場合に比べ、 “治療失敗者”になるリスクが0.68(95%信頼区間:0.54〜0.84)倍になることがわかった。

 Bruyere氏らは、グルコサミンはDMOADの新しい基準を満たすことができたと結論付けた。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:110
  3. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. あまりフレンドリーな医療者にならないようにしてい… 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:200
  5. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:209
  6. スマホアプリによる血圧管理、上乗せ効果認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:81
  7. 抗体医薬の登場で片頭痛診療は大きく進歩します 慶應義塾大学神経内科専任講師の柴田護氏に聞く FBシェア数:213
  8. 2018改定で加算算定ルール変更、収入差10倍も 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  9. 美人尼の介護を受けた晩年の良寛 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 原発性アルドステロン症の機能検査で病型を予測 学会トピック◎第91回日本内分泌学会学術総会 FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正