2004.10.20

SLEの病態、黒人と白人で顕著な差、黒人は円柱状紅斑や脱毛、白人は光過敏などが多い

 全身性エリテマトーデス(SLE)の病態には大きな民族差があるようだ。米国のSLE患者に対する長期コホート研究のサブスタディとして、人種と病態の関連性を見た結果、黒人(論文中ではアフリカ系アメリカ人と記載)では円柱状紅斑や脱毛、肺高血圧などが白人の2倍と多く、一方、白人は黒人に対して光過敏症やループス性抗凝固因子が2.5倍から3倍多いなど、臓器損傷や皮膚症状など多彩な違いがあることが明らかになった。10月18日のポスターセッションA「SLEの病因1」で米Johns Hopkins大学のMichelle Petri氏らが報告した。

 Petri氏らは、平均46.5歳のSLE患者1441人を対象とした。人種構成は黒人39%、白人57%、アジア系3%、その他2%で93%が女性、教育レベルと収入で調整し、白人と黒人の病態比較を行った。

 その結果、黒人ではSLEによる臓器損傷のうち、腎不全が白人の1.51倍、肺高血圧が同じく2.13倍、肺線維症が2.3倍といずれも有意に多かった。また、黒人では円柱状(discoid)紅斑、脱毛、関節炎、たんぱく尿、貧血、白血球減少症などが白人に対して1.7〜3.1倍と有意に多く見られた。一方、白人では、蝶型紅斑や光過敏症、口腔内潰瘍、ループス性抗凝固因子、ドライアイなどが黒人に対して1.8〜3倍と多く、なかでも青色皮斑は14.3倍と極めて多かった。Petri氏は、黒人に多い臨床症状から見て、黒人に有意に多い臓器損傷が腎臓と肺だけなのは意外だったとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正