2004.10.20

【米国リウマチ学会速報】 SLEの病態、黒人と白人で顕著な差、黒人は円柱状紅斑や脱毛、白人は光過敏などが多い

 全身性エリテマトーデス(SLE)の病態には大きな民族差があるようだ。米国のSLE患者に対する長期コホート研究のサブスタディとして、人種と病態の関連性を見た結果、黒人(論文中ではアフリカ系アメリカ人と記載)では円柱状紅斑や脱毛、肺高血圧などが白人の2倍と多く、一方、白人は黒人に対して光過敏症やループス性抗凝固因子が2.5倍から3倍多いなど、臓器損傷や皮膚症状など多彩な違いがあることが明らかになった。10月18日のポスターセッションA「SLEの病因1」で米Johns Hopkins大学のMichelle Petri氏らが報告した。

 Petri氏らは、平均46.5歳のSLE患者1441人を対象とした。人種構成は黒人39%、白人57%、アジア系3%、その他2%で93%が女性、教育レベルと収入で調整し、白人と黒人の病態比較を行った。

 その結果、黒人ではSLEによる臓器損傷のうち、腎不全が白人の1.51倍、肺高血圧が同じく2.13倍、肺線維症が2.3倍といずれも有意に多かった。また、黒人では円柱状(discoid)紅斑、脱毛、関節炎、たんぱく尿、貧血、白血球減少症などが白人に対して1.7〜3.1倍と有意に多く見られた。一方、白人では、蝶型紅斑や光過敏症、口腔内潰瘍、ループス性抗凝固因子、ドライアイなどが黒人に対して1.8〜3倍と多く、なかでも青色皮斑は14.3倍と極めて多かった。Petri氏は、黒人に多い臨床症状から見て、黒人に有意に多い臓器損傷が腎臓と肺だけなのは意外だったとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1