2004.10.20

タイで飼育トラ400頭以上がH5N1ウイルスに感染の疑い、エサの鶏が原因か

 タイ畜産局は10月19日、タイ中部のバンコク郊外、チョンブリー県で飼育されていたトラが高病原性トリインフルエンザウイルスに感染したことを国際獣疫事務局(OIE)に報告した。10月8日から異常が発生し始め、55頭が感染・発症し、うち23頭が死亡した。タイ国立動物保健学研究所と2つの大学の獣医学部による鶏卵培養検査の結果、19日にH5型ウイルスが分離された。検査は進行中でH5N1であるかどうかはまだ報告されていない。哺乳類のトリインフルエンザウイルス集団感染としては近年にない大規模なものだ。

 同地区で飼育されているトラのうち441頭が疑い例として報告されている。当局によると、大規模集団感染の原因は、エサとして与えている鶏からの感染の可能性が高いという。トラがヒトインフルエンザウイルスに感染するかどうかによって危険性は異なるが、哺乳類の大量感染がトリインフルエンザウイルス変異の危険性を高める可能性はある。家禽における全国的なH5N1ウイルス感染が流行しているなかで、動物のエサとして鶏を与えていたことは、不注意な対応と言わざるをえない。あらたな監視体制の確立が急務と言えそうだ。

 OIEのホームページはこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48