2004.10.20

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:見直し迫られるライフサイクル・マネジメント(上)

 医薬品業界はここ数十年間、新薬という知的所有権を盾にして大きな利益を得る独自のビジネスモデルで成功を続けてきた。特許権に守られた製薬会社は、コストや他社との競合といった市場原理を意識することなく、高価格を押し通すことができた。類似品が市場に登場しても、この図式は基本的に変わらなかった。売り上げの主力である処方薬のシェアを巡る競争は盛んだったが、価格競争にまでは至らなかった。

 近年、製薬各社は製品のラインナップに苦心し始めている。このため、従来の手法を疑問視する声が増えている。ジェネリック医薬品のシェアが着実に拡大しているのに加え、薬価に対する社会的関心が高まるにつれ、以前のような価格設定は難しくなっている。残念なことにこれまでの成功は、変化する市場への対応を鈍らせる元凶となっている(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4