2004.10.19

アダリムマブの治療有効性が初めて長期で確認

 抗TNFα抗体であるアダリムマブの治療有効性が、初めて長期で確認された。メトトレキサートと併用で治療を開始後、6カ月時点で確認された臨床効果は、4年間に渡り持続したという。10月18日のポスターセッションで、米国Denver Arthritis ClinicのMichael H. Schiff氏が発表した。

 これは、アダリムマブの4つの治験終了後、治験の被験者について追跡し、治療効果を分析したもの。試験開始時の被験者数は846人、うちアダリムマブの投与期間が2年以上だったのは81%、3年以上が49%、4年以上が12%だった。211人が試験の途中で離脱し、その理由は53人が治療効果が得られない、75人が副作用、残りはその他の理由だった。

 関節リウマチの活動性を示す臨床的指標であるDAS (Disease Activity Score) 28の治療開始前から比べた改善率は、6カ月時点で39%、12カ月で44%、その後安定したまま推移し、48カ月では50%だった。日常生活動作(ADL)スケールのHAQ(Health Assessment Questionnaire)については、同改善率は6カ月が45%、48カ月が50%だった。疼痛関節数(TJC)と膨張関節数(SJC)は、6カ月がそれぞれ64%と58%で、48カ月は78%と61%だった。

 治療開始後48カ月を経過した人について注目すると、48カ月時点でのDAS28の中央値は2.7で、2.6未満だった人は49%に上った。HAQの中央値は0.5、TJCとSJCはそれぞれ2と3だった。

 なお、重篤な副作用の発生頻度は患者・年当たり0.01回、重篤な感染症は同0.03回、悪性腫瘍は同0.03回だった。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176