2004.10.19

ご用心! 知らないうちに骨粗鬆症:65歳以上の女性の5人に1人が無自覚の骨粗鬆症、カナダの調査で判明

 65歳の誕生日を迎えた女性は、早い機会に骨粗鬆症の検診を受けておいた方がよさそうだ。カナダで行われた9地域の住民に対する前向きコホート研究の結果、骨粗鬆症と診断された住民のうち、男性の9割強、女性の8割弱は骨粗鬆症の診断を受けたことがなく、骨粗鬆症だという自覚もなかった。驚くべきことに、65歳以上では全女性の5人に1人、男性の12人に1人がこうした無自覚の骨粗鬆症患者だったという。10月18日の一般口演「ACR Concurrent Session Epidemiology」で、カナダMcMaster大学のJonathan Adachi氏が報告した。

 本研究は、カナダ全土の9センターで実施された骨粗鬆症の前向きコホート研究「Canadian multicenter osteoporosis study(CaMos)」のサブスタディとして実施された。CaMos自体では25歳以上の地域住民9500人に対し、1995〜1997年から5年間の追跡を実施した。

 CaMos参加者のうち、ベースラインでDEXA(DXA)法による骨密度測定を受けた65歳以上の住民を本研究の対象とした。DEXA法では、大腿骨頚部と第1〜第4腰椎のいずれかのTスコア(骨密度を示す相対値、若年成人の値に対する標準偏差値で表す)が-2.5以下の場合を骨粗鬆症の確定診断としている。測定の結果、65歳以上の男性1093人中93人(9.0%)、同じく女性2707人中700人(25.9%)が骨粗鬆症と診断された。

 ところが、このうち、既に診断を受けるなどして自分が骨粗鬆症だという自覚があったのは、男性6人(6.5%)、女性は161人(23.0%)とわずかだった。これを65歳以上の全人口に当てはめると、女性の19.9%、男性の8.4%が知らずに骨粗鬆症という爆弾を抱えて日常生活を送っていることになる。Adachi氏は、65歳以上の高齢者、特に女性に対しては骨密度測定の定期検診を実施し、無自覚の骨粗鬆症を発見・治療すべきだと強調していた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正