2004.10.19

【米国リウマチ学会速報】 ご用心! 知らないうちに骨粗鬆症:65歳以上の女性の5人に1人が無自覚の骨粗鬆症、カナダの調査で判明

 65歳の誕生日を迎えた女性は、早い機会に骨粗鬆症の検診を受けておいた方がよさそうだ。カナダで行われた9地域の住民に対する前向きコホート研究の結果、骨粗鬆症と診断された住民のうち、男性の9割強、女性の8割弱は骨粗鬆症の診断を受けたことがなく、骨粗鬆症だという自覚もなかった。驚くべきことに、65歳以上では全女性の5人に1人、男性の12人に1人がこうした無自覚の骨粗鬆症患者だったという。10月18日の一般口演「ACR Concurrent Session Epidemiology」で、カナダMcMaster大学のJonathan Adachi氏が報告した。

 本研究は、カナダ全土の9センターで実施された骨粗鬆症の前向きコホート研究「Canadian multicenter osteoporosis study(CaMos)」のサブスタディとして実施された。CaMos自体では25歳以上の地域住民9500人に対し、1995〜1997年から5年間の追跡を実施した。

 CaMos参加者のうち、ベースラインでDEXA(DXA)法による骨密度測定を受けた65歳以上の住民を本研究の対象とした。DEXA法では、大腿骨頚部と第1〜第4腰椎のいずれかのTスコア(骨密度を示す相対値、若年成人の値に対する標準偏差値で表す)が-2.5以下の場合を骨粗鬆症の確定診断としている。測定の結果、65歳以上の男性1093人中93人(9.0%)、同じく女性2707人中700人(25.9%)が骨粗鬆症と診断された。

 ところが、このうち、既に診断を受けるなどして自分が骨粗鬆症だという自覚があったのは、男性6人(6.5%)、女性は161人(23.0%)とわずかだった。これを65歳以上の全人口に当てはめると、女性の19.9%、男性の8.4%が知らずに骨粗鬆症という爆弾を抱えて日常生活を送っていることになる。Adachi氏は、65歳以上の高齢者、特に女性に対しては骨密度測定の定期検診を実施し、無自覚の骨粗鬆症を発見・治療すべきだと強調していた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25