2004.10.19

【米国リウマチ学会速報】 COX2導入後5年でNSAID市場に占めるシェアが44%に、NSAID市場全体も168%に拡大

 選択的COX2阻害薬の第1号であるセレコキシブ(商品名:セレブレックス)が1999年に発売され、5年間でCOX2阻害薬のNSAID市場に占める割合は処方箋数にして44%に達したことが明らかになった。COX2阻害薬の参入によって、NSAID市場全体もまた、処方箋数にして67.7%増大したという。米Pittsburgh大学のNicole T. Ansani氏が、10月18日のポスターセッションで発表した。

 Ansani氏らは、全米3万6000の薬局で処方される処方薬に関する情報を集める民間企業、Scott-Levine Source Prescription Audit社のデータを元に分析した。これによると、セレコキシブが発売された1999年には、COX2阻害薬のNSAID全体に占める割合は処方箋数にして22%、2000年には40%に伸びたという。またNSAID市場全体も、99年から2000年にかけて、1年間で48.3%も拡大した。

 またCOX2阻害薬の処方箋数は2001年に頂点に達し、その翌年にCOX2阻害薬の第3号であるバルデコキシブが発売されたにもかかわらず、その後は年間1〜1.5%の割合で減少してきている。

 一方、COX2ではないNSAIDのイブプロフェン、ナプロキセン、ジクロフェナクの処方箋数の合計は、1998年から1999年にかけて28.2%減少したものの、その後は安定しているという。

 Ansani氏は、NSAID市場自体が拡大した点について、「COX2の登場でパブリシティの効果もあり、それまでNSAIDを服用していなかった人に対して、医師が新たに処方する場面が増えたのではないか」と推測している。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449