2004.10.19

COX2導入後5年でNSAID市場に占めるシェアが44%に、NSAID市場全体も168%に拡大

 選択的COX2阻害薬の第1号であるセレコキシブ(商品名:セレブレックス)が1999年に発売され、5年間でCOX2阻害薬のNSAID市場に占める割合は処方箋数にして44%に達したことが明らかになった。COX2阻害薬の参入によって、NSAID市場全体もまた、処方箋数にして67.7%増大したという。米Pittsburgh大学のNicole T. Ansani氏が、10月18日のポスターセッションで発表した。

 Ansani氏らは、全米3万6000の薬局で処方される処方薬に関する情報を集める民間企業、Scott-Levine Source Prescription Audit社のデータを元に分析した。これによると、セレコキシブが発売された1999年には、COX2阻害薬のNSAID全体に占める割合は処方箋数にして22%、2000年には40%に伸びたという。またNSAID市場全体も、99年から2000年にかけて、1年間で48.3%も拡大した。

 またCOX2阻害薬の処方箋数は2001年に頂点に達し、その翌年にCOX2阻害薬の第3号であるバルデコキシブが発売されたにもかかわらず、その後は年間1〜1.5%の割合で減少してきている。

 一方、COX2ではないNSAIDのイブプロフェン、ナプロキセン、ジクロフェナクの処方箋数の合計は、1998年から1999年にかけて28.2%減少したものの、その後は安定しているという。

 Ansani氏は、NSAID市場自体が拡大した点について、「COX2の登場でパブリシティの効果もあり、それまでNSAIDを服用していなかった人に対して、医師が新たに処方する場面が増えたのではないか」と推測している。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:60
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:119
  3. 80歳代女性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  6. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:3
  7. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:80
  8. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  9. 集約化を進めれば地域の産科医療は崩壊する シリーズ◎産科診療所での無痛分娩は是か非か FBシェア数:57
  10. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:179