2004.10.19

COX2導入後5年でNSAID市場に占めるシェアが44%に、NSAID市場全体も168%に拡大

 選択的COX2阻害薬の第1号であるセレコキシブ(商品名:セレブレックス)が1999年に発売され、5年間でCOX2阻害薬のNSAID市場に占める割合は処方箋数にして44%に達したことが明らかになった。COX2阻害薬の参入によって、NSAID市場全体もまた、処方箋数にして67.7%増大したという。米Pittsburgh大学のNicole T. Ansani氏が、10月18日のポスターセッションで発表した。

 Ansani氏らは、全米3万6000の薬局で処方される処方薬に関する情報を集める民間企業、Scott-Levine Source Prescription Audit社のデータを元に分析した。これによると、セレコキシブが発売された1999年には、COX2阻害薬のNSAID全体に占める割合は処方箋数にして22%、2000年には40%に伸びたという。またNSAID市場全体も、99年から2000年にかけて、1年間で48.3%も拡大した。

 またCOX2阻害薬の処方箋数は2001年に頂点に達し、その翌年にCOX2阻害薬の第3号であるバルデコキシブが発売されたにもかかわらず、その後は年間1〜1.5%の割合で減少してきている。

 一方、COX2ではないNSAIDのイブプロフェン、ナプロキセン、ジクロフェナクの処方箋数の合計は、1998年から1999年にかけて28.2%減少したものの、その後は安定しているという。

 Ansani氏は、NSAID市場自体が拡大した点について、「COX2の登場でパブリシティの効果もあり、それまでNSAIDを服用していなかった人に対して、医師が新たに処方する場面が増えたのではないか」と推測している。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
  2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
  3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
  4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
  5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
  6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
  7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
  10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正