2004.10.19

COX2導入後5年でNSAID市場に占めるシェアが44%に、NSAID市場全体も168%に拡大

 選択的COX2阻害薬の第1号であるセレコキシブ(商品名:セレブレックス)が1999年に発売され、5年間でCOX2阻害薬のNSAID市場に占める割合は処方箋数にして44%に達したことが明らかになった。COX2阻害薬の参入によって、NSAID市場全体もまた、処方箋数にして67.7%増大したという。米Pittsburgh大学のNicole T. Ansani氏が、10月18日のポスターセッションで発表した。

 Ansani氏らは、全米3万6000の薬局で処方される処方薬に関する情報を集める民間企業、Scott-Levine Source Prescription Audit社のデータを元に分析した。これによると、セレコキシブが発売された1999年には、COX2阻害薬のNSAID全体に占める割合は処方箋数にして22%、2000年には40%に伸びたという。またNSAID市場全体も、99年から2000年にかけて、1年間で48.3%も拡大した。

 またCOX2阻害薬の処方箋数は2001年に頂点に達し、その翌年にCOX2阻害薬の第3号であるバルデコキシブが発売されたにもかかわらず、その後は年間1〜1.5%の割合で減少してきている。

 一方、COX2ではないNSAIDのイブプロフェン、ナプロキセン、ジクロフェナクの処方箋数の合計は、1998年から1999年にかけて28.2%減少したものの、その後は安定しているという。

 Ansani氏は、NSAID市場自体が拡大した点について、「COX2の登場でパブリシティの効果もあり、それまでNSAIDを服用していなかった人に対して、医師が新たに処方する場面が増えたのではないか」と推測している。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0