2004.10.19

抗IL-15ヒトモノクローナル抗体が臨床的有効性示す、無作為化二重盲検の途中結果で明らかに

 関節リウマチの炎症を引き起こす蛋白質であるサイトカインのうち、インタールーキン15(IL-15)に的を絞ったヒトモノクロナール抗体「AMG714」の、臨床的な有効性が、多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験の途中結果で示された。これは、10月18日のプレナリセッションで、英国Centre for Rheumatic DiseasesのIain McInnes氏が発表した。AMG714は、現在新たな生物学的製剤として開発を行っている最中。今回発表した結果は、数種類の投与量に対する臨床的有効性と安全性を調べる試験の途中結果。IL-15をターゲットにした生物学的製剤はまだないため、従来の生物学的製剤に反応しない関節リウマチ患者への治療有効性が期待されている。

 McInnes氏らは、関節リウマチの患者で、関節の腫れと関節痛がともに6カ所以上ある110人を対象に試験を行った。被験者は全て、これまでに1種類以上の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)治療に対し、反応しない経験を持っていた。また、生物学的製剤は未使用だった。なお、この試験の被験者総数は180人に上るが、今回の途中結果では試験を終了した110人についてのみ分析している。

 研究グループは被験者を5群に分け、AMG714を40mg、80mg、160mg、280mgと、プラセボを各々月2回投与し、14週間追跡した。

 その結果、12週時点で、関節リウマチの活動性を評価する基準ACRコアセットで、ACR20以上だったのは、プラセボ群で26%だったのに対し、280mg群では62%に上った(p=0.017)。また、関節リウマチの悪化は、プラセボ群の26%に見られたのに対し、治療群全体では13%に留まった。

 McInnes氏は、AMG714は全ての用量の群で臨床的有効性を示し、中でも最多用量の280mg群で最も大きな効果が見られたと指摘した。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:43
  2. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:86
  3. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:156
  5. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  6. スタチンだけで下げられないリスクを減らすか? トレンド◎フィブラート系薬に20数年ぶりの新薬ペマフィブラート登場 FBシェア数:15
  7. 尿閉を生じた高齢患者で想起すべき疾患は? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:36
  8. 糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:29
  9. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:96
  10. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正