2004.10.19

抗IL-15ヒトモノクローナル抗体が臨床的有効性示す、無作為化二重盲検の途中結果で明らかに

 関節リウマチの炎症を引き起こす蛋白質であるサイトカインのうち、インタールーキン15(IL-15)に的を絞ったヒトモノクロナール抗体「AMG714」の、臨床的な有効性が、多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験の途中結果で示された。これは、10月18日のプレナリセッションで、英国Centre for Rheumatic DiseasesのIain McInnes氏が発表した。AMG714は、現在新たな生物学的製剤として開発を行っている最中。今回発表した結果は、数種類の投与量に対する臨床的有効性と安全性を調べる試験の途中結果。IL-15をターゲットにした生物学的製剤はまだないため、従来の生物学的製剤に反応しない関節リウマチ患者への治療有効性が期待されている。

 McInnes氏らは、関節リウマチの患者で、関節の腫れと関節痛がともに6カ所以上ある110人を対象に試験を行った。被験者は全て、これまでに1種類以上の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)治療に対し、反応しない経験を持っていた。また、生物学的製剤は未使用だった。なお、この試験の被験者総数は180人に上るが、今回の途中結果では試験を終了した110人についてのみ分析している。

 研究グループは被験者を5群に分け、AMG714を40mg、80mg、160mg、280mgと、プラセボを各々月2回投与し、14週間追跡した。

 その結果、12週時点で、関節リウマチの活動性を評価する基準ACRコアセットで、ACR20以上だったのは、プラセボ群で26%だったのに対し、280mg群では62%に上った(p=0.017)。また、関節リウマチの悪化は、プラセボ群の26%に見られたのに対し、治療群全体では13%に留まった。

 McInnes氏は、AMG714は全ての用量の群で臨床的有効性を示し、中でも最多用量の280mg群で最も大きな効果が見られたと指摘した。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172