2004.10.19

抗IL-15ヒトモノクローナル抗体が臨床的有効性示す、無作為化二重盲検の途中結果で明らかに

 関節リウマチの炎症を引き起こす蛋白質であるサイトカインのうち、インタールーキン15(IL-15)に的を絞ったヒトモノクロナール抗体「AMG714」の、臨床的な有効性が、多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験の途中結果で示された。これは、10月18日のプレナリセッションで、英国Centre for Rheumatic DiseasesのIain McInnes氏が発表した。AMG714は、現在新たな生物学的製剤として開発を行っている最中。今回発表した結果は、数種類の投与量に対する臨床的有効性と安全性を調べる試験の途中結果。IL-15をターゲットにした生物学的製剤はまだないため、従来の生物学的製剤に反応しない関節リウマチ患者への治療有効性が期待されている。

 McInnes氏らは、関節リウマチの患者で、関節の腫れと関節痛がともに6カ所以上ある110人を対象に試験を行った。被験者は全て、これまでに1種類以上の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)治療に対し、反応しない経験を持っていた。また、生物学的製剤は未使用だった。なお、この試験の被験者総数は180人に上るが、今回の途中結果では試験を終了した110人についてのみ分析している。

 研究グループは被験者を5群に分け、AMG714を40mg、80mg、160mg、280mgと、プラセボを各々月2回投与し、14週間追跡した。

 その結果、12週時点で、関節リウマチの活動性を評価する基準ACRコアセットで、ACR20以上だったのは、プラセボ群で26%だったのに対し、280mg群では62%に上った(p=0.017)。また、関節リウマチの悪化は、プラセボ群の26%に見られたのに対し、治療群全体では13%に留まった。

 McInnes氏は、AMG714は全ての用量の群で臨床的有効性を示し、中でも最多用量の280mg群で最も大きな効果が見られたと指摘した。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  2. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:46
  5. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  6. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:81
  7. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  8. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:80
  9. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:54
  10. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正