2004.10.19

【米国リウマチ学会速報】 抗IL-15ヒトモノクローナル抗体が臨床的有効性示す、無作為化二重盲検の途中結果で明らかに

 関節リウマチの炎症を引き起こす蛋白質であるサイトカインのうち、インタールーキン15(IL-15)に的を絞ったヒトモノクロナール抗体「AMG714」の、臨床的な有効性が、多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験の途中結果で示された。これは、10月18日のプレナリセッションで、英国Centre for Rheumatic DiseasesのIain McInnes氏が発表した。AMG714は、現在新たな生物学的製剤として開発を行っている最中。今回発表した結果は、数種類の投与量に対する臨床的有効性と安全性を調べる試験の途中結果。IL-15をターゲットにした生物学的製剤はまだないため、従来の生物学的製剤に反応しない関節リウマチ患者への治療有効性が期待されている。

 McInnes氏らは、関節リウマチの患者で、関節の腫れと関節痛がともに6カ所以上ある110人を対象に試験を行った。被験者は全て、これまでに1種類以上の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)治療に対し、反応しない経験を持っていた。また、生物学的製剤は未使用だった。なお、この試験の被験者総数は180人に上るが、今回の途中結果では試験を終了した110人についてのみ分析している。

 研究グループは被験者を5群に分け、AMG714を40mg、80mg、160mg、280mgと、プラセボを各々月2回投与し、14週間追跡した。

 その結果、12週時点で、関節リウマチの活動性を評価する基準ACRコアセットで、ACR20以上だったのは、プラセボ群で26%だったのに対し、280mg群では62%に上った(p=0.017)。また、関節リウマチの悪化は、プラセボ群の26%に見られたのに対し、治療群全体では13%に留まった。

 McInnes氏は、AMG714は全ての用量の群で臨床的有効性を示し、中でも最多用量の280mg群で最も大きな効果が見られたと指摘した。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:60
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:119
  3. 80歳代女性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:18
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  6. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:3
  7. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:80
  8. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  9. 集約化を進めれば地域の産科医療は崩壊する シリーズ◎産科診療所での無痛分娩は是か非か FBシェア数:57
  10. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:179