2004.10.18

【米国リウマチ学会速報】 関節リウマチによる生産性損失額は5年間で4万ドル超、早期の寛快が重要

 関節リウマチによる生産性の損失額は、5年間で1人当たり4万645ドルに上るという調査結果が出た。患者1人当たりでみると、1年間で8728ドルになるという。これは、フィンランドLappeenranta Central HospitalのKari Puolakka氏が、10月16日のポスターセッションで発表したもの。リウマチ患者の生産性損失額について、5年間という長期の調査結果は珍しい。

 調査の対象は、関節リウマチの患者162人で、診断を受けてから2年以内の人。疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)を1種以上服用し、プレドニゾロンは併用した人としない人がいた。

 5年間追跡して、関節リウマチの症状のために仕事を休んだ日などについて、そのために損失した生産性コストを割り出した。その結果、治療開始後6カ月の時点での症状の改善度合いが、生産性損失額に大きく影響することが分かった。

 具体的には、治療開始6カ月後に寛快した人は、年間の損失額は1人平均687ドルに留まった。一方、米国リウマチ学会の定めた関節リウマチの活動性を評価する基準ACRコアセットによって患者を分類すると、ACR50以上で寛快でない人は、年間の損失額は1人平均7421ドル、ACR20以上でACR50未満の人は同8186ドルだった。さらに、ACR20未満の人の年間損失額は、1万8989ドルにも上った。

 Puolakka氏は、新たに診断を受けた関節リウマチ患者の生産性損失を最小限に抑えるには、早期の寛快を目標に、早い時点から積極的に治療を開始すべきだと結論付けている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256