2004.10.18

関節リウマチによる生産性損失額は5年間で4万ドル超、早期の寛快が重要

 関節リウマチによる生産性の損失額は、5年間で1人当たり4万645ドルに上るという調査結果が出た。患者1人当たりでみると、1年間で8728ドルになるという。これは、フィンランドLappeenranta Central HospitalのKari Puolakka氏が、10月16日のポスターセッションで発表したもの。リウマチ患者の生産性損失額について、5年間という長期の調査結果は珍しい。

 調査の対象は、関節リウマチの患者162人で、診断を受けてから2年以内の人。疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)を1種以上服用し、プレドニゾロンは併用した人としない人がいた。

 5年間追跡して、関節リウマチの症状のために仕事を休んだ日などについて、そのために損失した生産性コストを割り出した。その結果、治療開始後6カ月の時点での症状の改善度合いが、生産性損失額に大きく影響することが分かった。

 具体的には、治療開始6カ月後に寛快した人は、年間の損失額は1人平均687ドルに留まった。一方、米国リウマチ学会の定めた関節リウマチの活動性を評価する基準ACRコアセットによって患者を分類すると、ACR50以上で寛快でない人は、年間の損失額は1人平均7421ドル、ACR20以上でACR50未満の人は同8186ドルだった。さらに、ACR20未満の人の年間損失額は、1万8989ドルにも上った。

 Puolakka氏は、新たに診断を受けた関節リウマチ患者の生産性損失を最小限に抑えるには、早期の寛快を目標に、早い時点から積極的に治療を開始すべきだと結論付けている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正