2004.10.18

【米国リウマチ学会速報】 股・膝関節全置換術は長期的な医療費を削減する可能性

 股関節と膝関節の全置換術は、長期的には医療費を削減する可能性があるようだ。手術の直前・直後を除く術前・術後1年間の長期的な医療費を比較したところ、術後の医療費の方が安いことを示す研究結果が出た。これは、カナダUniversity of TorontoのGillian A. Hawker氏が、10月16日のポスターセッションで発表したもの。

 関節全置換術の前後の医療費について短期的に調べた研究は既にあるが、このように長期に渡って調べた研究は珍しい。また、特定の地域に住む人を対象に追跡した同種の研究は、これが初めてという。

 Hawker氏は、カナダの2地域に住む、人口計2411人について追跡し、その中で関節全置換術を行った132人について調査を行った。この2地域は、1つが都市部、もう1つは地方部を選んだ。132人の平均年齢は70歳、うち女性は75.8%だった。関節炎の痛みと機能性についての指標であるWestern Ontario MacMaster University Osteoarthritis Index(WOMAC)の平均スコアは、96中43.2だった。

 手術を行った人の、術後6カ月から1年間にかかった医療費と、術前6週間からその1年前までにかかった医療費について比較した結果、関節炎の治療にかかった医療費は、術後の方が400ドル低かった。

 さらに詳しく分析した結果、都市部に住んでいる人、教育レベルが比較的低い人、術前のWOMACスコアが低い人の方が、それぞれ術後の医療費が安くなる傾向があったという。

 なおカナダでは、関節全置換術を必要とする患者の待機期間が長い点が問題になっている。Hawker氏は、この研究結果は、関節全置換術を必要とする人が適時に受けられるようにすることの重要性を、支持するものだとしている。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16