2004.10.18

【米国リウマチ学会速報】 関節リウマチの年間医療費は骨関節症に比べ2倍、特に外来費用に大差

 関節リウマチにかかる年間の医療費は、骨関節症に比べ約2倍に上ることが分かった。この格差の主な原因は、医療費の4割を占める非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)以外の治療薬をはじめ、入院費用や外来費用がいずれもリウマチ治療は高くつく点にあるようだ。特にリウマチの外来費用は骨関節症の約4.5倍と、大差が見られた。10月16日のポスターセッションで、オーストリアMedical University of ViennaのC.D.Toma氏が発表した。

 Toma氏は、関節リウマチの患者483人と骨関節症の患者523人を対象に、選択的COX2阻害薬のバルデコキシブと、ジクロフェナクを比較した2つの無作為化試験を元に、医療費を算出した。実際にかかる外来・入院費用を始めとする医療費については、英国の国立医療サービスのデータを元に、英国ポンドで換算した。なお、両試験では、バルデコキシブ20mgを1日1回、ジフロフェナク75mgを1日2回投与した。

 その結果、関節リウマチ患者の年間医療費は1050ポンドだったのに対し、骨関節症は485ポンドと半分以下だった。医療費のうちNSAIDが占める割合は、それぞれ14%と27%、入院費用は27%と24%、外来は12%と6%、NSAID以外の治療薬は41%と40%だった。

 Toma氏はまた、関節リウマチ患者について、バルデコキシブとジクロフェナクを用いた場合のそれぞれの医療費についても算定した。その結果、バルデコキシブ群の年間医療費はジクロフェナク群に比べ、272.6ポンド安くなることがわかった。特に両群では入院費用に大きな差が見られ、バルデコキシブ群では137.5ポンドだったのに対し、ジクロフェナク群では410.1ポンドに上った。

 Toma氏は、「ジクロフェナク群では、胃腸症状などに関連した、関節リウマチとは直接関係のない原因による1日入院の患者が多く見られた」とコメントしている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161