2004.10.18

【米国リウマチ学会速報】 関節リウマチの年間医療費は骨関節症に比べ2倍、特に外来費用に大差

 関節リウマチにかかる年間の医療費は、骨関節症に比べ約2倍に上ることが分かった。この格差の主な原因は、医療費の4割を占める非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)以外の治療薬をはじめ、入院費用や外来費用がいずれもリウマチ治療は高くつく点にあるようだ。特にリウマチの外来費用は骨関節症の約4.5倍と、大差が見られた。10月16日のポスターセッションで、オーストリアMedical University of ViennaのC.D.Toma氏が発表した。

 Toma氏は、関節リウマチの患者483人と骨関節症の患者523人を対象に、選択的COX2阻害薬のバルデコキシブと、ジクロフェナクを比較した2つの無作為化試験を元に、医療費を算出した。実際にかかる外来・入院費用を始めとする医療費については、英国の国立医療サービスのデータを元に、英国ポンドで換算した。なお、両試験では、バルデコキシブ20mgを1日1回、ジフロフェナク75mgを1日2回投与した。

 その結果、関節リウマチ患者の年間医療費は1050ポンドだったのに対し、骨関節症は485ポンドと半分以下だった。医療費のうちNSAIDが占める割合は、それぞれ14%と27%、入院費用は27%と24%、外来は12%と6%、NSAID以外の治療薬は41%と40%だった。

 Toma氏はまた、関節リウマチ患者について、バルデコキシブとジクロフェナクを用いた場合のそれぞれの医療費についても算定した。その結果、バルデコキシブ群の年間医療費はジクロフェナク群に比べ、272.6ポンド安くなることがわかった。特に両群では入院費用に大きな差が見られ、バルデコキシブ群では137.5ポンドだったのに対し、ジクロフェナク群では410.1ポンドに上った。

 Toma氏は、「ジクロフェナク群では、胃腸症状などに関連した、関節リウマチとは直接関係のない原因による1日入院の患者が多く見られた」とコメントしている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正