2004.10.18

ウィルムス腫瘍の術後化学療法は短縮可能−−RCTの結果から

 ウィルムス腫瘍の治療成績は向上した。現在は、効果を維持しながら治療期間を短縮する努力が続けられている。オランダの研究者らは、無作為割付比較対照試験を行い、ステージ1で、中等度リスクの腫瘍または未分化ガンの場合、術後の化学療法は、現行の18週でなく4週に短縮できることを示した。詳細は、Lancet誌10月2日号に報告された。

 ウィルムス腫瘍患者に対する術前化学療法は、1980年代後半から標準治療となっている。術後化学療法については、ステージ1患者で短縮可能が示唆されていた。

 1993年に開始されたこの試験では、410人の患者がほぼ2等分された。外科的切除後、両群に週1回のビンクリスチン投与4回と1コースのダクチノマイシン治療が行われた。その後9週まで観察、標準治療群には10週から17週にかけてさらに2回、同様の治療が行われた。実験群はそのまま経過観察となった。

 主要評価点は2年間の無症候生存率におかれた。2年間に再発を見た患者は、標準治療群で18人、実験群で22人だった。無症候生存率は前者が88.8%、後者が91.4%だった。追跡5年では、無症候生存率は、標準治療群91%、実験群88%、全体的な生存率はそれぞれ97%と95%だった。いずれの生存率にも有意な差はなく、化学療法の期間短縮は、効果を維持しながら、副作用と患者や両親の負担を軽減でき、医療費の面でも利益があると考えられた。

 論文のタイトルは「Reduction of postoperative chemotherapy in children
with stage I intermediate-risk and anaplastic Wilms' tumour (SIOP 93-01
trial): a randomised controlled trial」、概要は現在こちらで閲覧できる(Lancet誌のサイトへの登録が必要です。なお、リンク先が変更になっている場合があります。ご了承ください)。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22