2004.10.18

ウィルムス腫瘍の術後化学療法は短縮可能−−RCTの結果から

 ウィルムス腫瘍の治療成績は向上した。現在は、効果を維持しながら治療期間を短縮する努力が続けられている。オランダの研究者らは、無作為割付比較対照試験を行い、ステージ1で、中等度リスクの腫瘍または未分化ガンの場合、術後の化学療法は、現行の18週でなく4週に短縮できることを示した。詳細は、Lancet誌10月2日号に報告された。

 ウィルムス腫瘍患者に対する術前化学療法は、1980年代後半から標準治療となっている。術後化学療法については、ステージ1患者で短縮可能が示唆されていた。

 1993年に開始されたこの試験では、410人の患者がほぼ2等分された。外科的切除後、両群に週1回のビンクリスチン投与4回と1コースのダクチノマイシン治療が行われた。その後9週まで観察、標準治療群には10週から17週にかけてさらに2回、同様の治療が行われた。実験群はそのまま経過観察となった。

 主要評価点は2年間の無症候生存率におかれた。2年間に再発を見た患者は、標準治療群で18人、実験群で22人だった。無症候生存率は前者が88.8%、後者が91.4%だった。追跡5年では、無症候生存率は、標準治療群91%、実験群88%、全体的な生存率はそれぞれ97%と95%だった。いずれの生存率にも有意な差はなく、化学療法の期間短縮は、効果を維持しながら、副作用と患者や両親の負担を軽減でき、医療費の面でも利益があると考えられた。

 論文のタイトルは「Reduction of postoperative chemotherapy in children
with stage I intermediate-risk and anaplastic Wilms' tumour (SIOP 93-01
trial): a randomised controlled trial」、概要は現在こちらで閲覧できる(Lancet誌のサイトへの登録が必要です。なお、リンク先が変更になっている場合があります。ご了承ください)。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25