2004.10.18

【Pharma Business】 2003年製薬企業財務ランキング(上)

 2003年の米国の株価は3年ぶりに回復したが、製薬業界は市況全体の動きに反し低迷した。製薬セクターのPER(株価収益率)は、年末時点で9.3。全銘柄平均の約半分にすぎない。03年の全産業の利益額は前年より18%上昇したが、製薬業界では100億ドル(約1兆1000億円)以上も減少した。最大手のファイザーは利益が80%以上ダウンし、ワイスも54%減っている。

 今回の「製薬企業財務ランキング」で特筆すべき点は、過去2年間トップの座にあったファイザーの10位転落だ。代わって首位となったのは、英国を拠点とするグラクソ・スミスクライン(GSK)だ。同社は処方薬の売上高で世界2位、2002年のこのランキングでは3位だった。2位にはJ&J(前回2位)、3位にメルク(同6位)、4位にアムジェン(同14位)が入った。J&Jは、過去3年連続で上位4社入りを続けた唯一の企業となった。ファイザーの急落は03年のファルマシア買収で、収益性が著しく低下したのが原因である(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:28
  2. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:56
  3. 85歳女性。尿バッグの変色 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:5
  4. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:290
  5. ナースが外でついやってしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:79
  6. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:59
  7. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  8. 色好みの秀吉に女を世話した侍医 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  9. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:170
  10. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正