2004.10.18

個人の趣向を尊重する身体機能評価VLA、従来のHAQより感受性が高い可能性

 個人の趣向を尊重する新しい身体機能評価スケール「VLA」(Valued Life Activities)は、従来の日常生活動作(ADL)スケールであるHAQ(Health Assessment Questionnaire)に比べ、慢性関節リウマチなどによる身体機能の低下に対し、より感受性が高い可能性があるようだ。10月16日の「関節炎の社会的・精神的インパクト」と題するセッションで、米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校のPatricia Katz氏が発表した。

 VLAとは、生活に必要な基本動作のほかに、個人が尊重したり楽しみで行っている活動も含み、広く身体機能を評価するスケール。VLAの質問項目は、寝起きなどの最も基本的な日常動作、家事や食事の支度といった役割などとして決まって行う動作、友人との外出やボランティア活動など自分の楽しみで行う動作の、3分野に分類できる。

 Katz氏は、関節リウマチの患者を対象に、VLAの質問項目について、動作の困難の程度を質問するだけでなく、痛みなどによってその動作を制限するようになったかどうかや、より時間がかかるようになったかどうかという質問も行い、スコアを比較した。なお、従来のADLスケールとして使われているHAQでは、動作について困難の程度しか質問していない。

 その結果、困難の程度のみを評価した場合には、最も基本的な日常動作のスコアは0.75だったが、動作の制限についての質問を加えるとそのスコアは1.07に、所要時間についての回答を加えるとスコアは1.17に増えた。また、食事の支度など決まって行う動作も同様に、同スコアはそれぞれ1.13、1.40、1.57と増え、自分の楽しみで行う動作も同じく、1.03、1.40、1.58と増えた。

 こうした結果からKatz氏は、VLAは従来のHAQよりも、身体機能評価の低下に関してより感受性が高く、関節リウマチなどの身体への影響も、早期に発見できる可能性があるとしている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正