2004.10.18

米国リウマチ学会がテキサス州サンアントニオで開幕

 映画「アラモの砦」で有名なテキサス州サンアントニオのヘンリー・ゴンザレスコンベンションセンターで10月16日、米国リウマチ学会(ACR)とリウマチ医療従事者協会(ARHP)共催の年次学術集会が始まった。会期は10月21日までの6日間。このうち、16日と17日は「プリコンファレンス」で、基礎医学と社会・経済など臨床分野以外の教育セミナーと併設のポスターセッションだけが行われ、本学会と併設展示会は18日の月曜日から4日間の日程で開催される。

 今期学会での大きな話題のひとつは、開催直前の9月30日、米Merck社がCOX-2阻害薬「Vioxx」(一般名:ロフェコキシブ)の全世界での自主回収を決めたこと(Merck社のプレスリリースを参照)。大腸ポリープ再発予防についての第3相臨床試験「APPROVe」の3年時点での中間成績からプラセボに対する心血管系リスクの増加が明らかになったためだ。

 今大会では急きょ、ロフェコキシブに関するスペシャルセッションが設けられた。「ロフェコキシブ:APPROVe試験結果とその意味するもの」と題し、10月18日夜6時(日本時間19日午前8時)から、既定のセッションを繰り下げて開催される。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0