2004.10.15

【Pharma Business】 MRのキモチ:上司の同行が裏目に出たMRの物語

 外資系製薬企業に勤務するI朗は、現在、京都大学病院を担当しているMRである。京都の医学界は、国立の京都大学派と公立の京都府立医科大学派とに二分されており、製薬企業にとってはMRの配置や担当の持たせ方が非常に難しい地域だと言われている。この大学病院を担当して2年になるI朗は、やっと最近になって、府内のどの病院が京大系列で、どこが府立医大系列かが分かってきた。また、自分が担当する大学病院では、どこに誰がいていつ何をしているかが把握できるようになり、自分のペースでMR活動が進められるようになってきたところである(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0