2004.10.15

心をつかむ“3分診療”――日経メディカル10月号特集

最新号表紙画像 きちんと説明したつもりが、「初めて聞きました」、「重要な薬なのに飲んでもらえない」――。忙しい日常診療の中で、脱力感と共に怒りまで覚えるこの瞬間。だが、患者を叱る前に医師のあなたにまだできることがある。

 地元で“名医”と評判の高い医師や、病院ランキング本などで評価を受けている医師など、医療面接に一家言を持つ医師が、忙しい日常診療の中、医師患者間のコミュニケーションを円滑に進めていくためにどのような工夫をしているかを探った。

<主な内容>
患者の納得が得られない、4つの理由。その解決策のヒントを提示します。
「患者の心をつかむきっかけがわからない」
「患者の話をゆっくり聞く時間を作れない」
「説明したはずなのに薬を飲んでくれない」
「信頼されていたはずが突然、態度が堅くなった」

(山崎大作、中西奈美、日経メディカル

※日経メディカル10月号では、「心をつかむ“3分診療”」について特集しています。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256