2004.10.15

心をつかむ“3分診療”――日経メディカル10月号特集

最新号表紙画像 きちんと説明したつもりが、「初めて聞きました」、「重要な薬なのに飲んでもらえない」――。忙しい日常診療の中で、脱力感と共に怒りまで覚えるこの瞬間。だが、患者を叱る前に医師のあなたにまだできることがある。

 地元で“名医”と評判の高い医師や、病院ランキング本などで評価を受けている医師など、医療面接に一家言を持つ医師が、忙しい日常診療の中、医師患者間のコミュニケーションを円滑に進めていくためにどのような工夫をしているかを探った。

<主な内容>
患者の納得が得られない、4つの理由。その解決策のヒントを提示します。
「患者の心をつかむきっかけがわからない」
「患者の話をゆっくり聞く時間を作れない」
「説明したはずなのに薬を飲んでくれない」
「信頼されていたはずが突然、態度が堅くなった」

(山崎大作、中西奈美、日経メディカル

※日経メディカル10月号では、「心をつかむ“3分診療”」について特集しています。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130