2004.10.15

心をつかむ“3分診療”――日経メディカル10月号特集

最新号表紙画像 きちんと説明したつもりが、「初めて聞きました」、「重要な薬なのに飲んでもらえない」――。忙しい日常診療の中で、脱力感と共に怒りまで覚えるこの瞬間。だが、患者を叱る前に医師のあなたにまだできることがある。

 地元で“名医”と評判の高い医師や、病院ランキング本などで評価を受けている医師など、医療面接に一家言を持つ医師が、忙しい日常診療の中、医師患者間のコミュニケーションを円滑に進めていくためにどのような工夫をしているかを探った。

<主な内容>
患者の納得が得られない、4つの理由。その解決策のヒントを提示します。
「患者の心をつかむきっかけがわからない」
「患者の話をゆっくり聞く時間を作れない」
「説明したはずなのに薬を飲んでくれない」
「信頼されていたはずが突然、態度が堅くなった」

(山崎大作、中西奈美、日経メディカル

※日経メディカル10月号では、「心をつかむ“3分診療”」について特集しています。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13