2004.10.15

米NIH、サプリメントの最新エビデンス集を公開 ビタミンD、魚油、緑茶などの健康効果を紹介

 米国国立衛生研究所(NIH)の栄養補助食品室(ODS:Office of Dietary Supplements)は10月8日、食品成分の健康効果に関する最新の研究成果を取りまとめた報告書を発表した。

 この報告書は、2003年に発表された食品成分関連の論文から、特に優れたものを25報、厳選して紹介している。ODSは2000年から毎年、同様の報告書を公表しており、今回が5冊目。報告書はインターネット上で公開されており、だれでも閲覧できる。

 ODSは、1994年に米国で制定された栄養補助食品健康・教育法(DSHE法)に基づいて、1995年に設置された。1.食品成分の健康効果に関する情報を集め、専門家や一般消費者向けのデータベースを作る、2.集中して研究すべき有望な食品成分を選定する−−などの業務を行っている。

 報告書で取り上げた論文は、すべて査読者が存在する学術誌に掲載されたもの。2003年版では、英医学誌「Lancet」、米国医師会誌「JAMA」、米科学誌「PNAS」など一流の学術誌34誌に掲載された300報以上の論文を、45人の専門家が審査して、最も優れた25報を選んだ。

 今回選ばれた論文の研究分野は、1.骨と関節、2.ガン、3.心臓病、4.炎症性の病気、5.胎児・新生児の健康−−の5分野。ビタミンDの骨折予防効果や、魚油やシソ油などに多いオメガ3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の動脈硬化巣安定化効果、緑茶のコレステロール低下効果など、日本でも注目を集めた研究結果が紹介されている。

 また、これまでは「ビタミン」「抗酸化成分」など成分別の分類だったが、今年から健康効果別の分類へと変わり、消費者や医療従事者がより利用しやすい形になっている。

 この報告書の名前は「Annual Bibliography of Significant Advances in Dietary Supplement Research 2003」。過去4年分の報告書も含め、ODSのホームページのこちらからダウンロードできる。(内山郁子)


*サプリ&機能性食品2005 専門展示会を開催します

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503