2004.10.15

ココアで初のトクホが誕生! 難消化性デキストリンを配合、片岡物産が11月から発売

 ピュアココアでNo.1ブランドの「バンホーテン」の片岡物産が、ココアで初めてのトクホ(特定保健用食品)の表示許可を9月27日に取得、「バンホーテン ミルクココア ファイバープラス」の名称で11月1日から発売する。

 「ファイバープラス」はココアに難消化性デキストリンを配合し、「日常の食生活で不足しがちな食物繊維を補い、お腹の調子を整えお通じの改善に役立つ」との表示をする。

 トウモロコシから作った水溶性食物繊維の難消化性デキストリンを加えたことで、1杯分に食物繊維を5g含む。食物繊維5gのうち3.8gが添加した難消化性デキストリンで、残り1.2gはもともとココアに含まれている繊維分だ。

 この商品は、お湯やホットミルクで溶かして飲むインスタント・ココア。1包に1杯分の粉末14.2gを含み、希望小売価格は7包入り399円。通常のインスタント・ココアの分包タイプに比べ、1割ほど高めの価格に相当する。

 ココア全体の国内市場は、シェア1位の森永製菓と、同2位の明治製菓がポリフェノール高含有の商品化で競っている(関連トピックス)。

 TVコマーシャルで「ポリフェノール約3倍」と訴求しているのは、明治製菓が8月23日にリニューアル発売した「大人の健康ココア テオブロ」。1杯分にカカオポリフェノールを500mg含む。

 一方、森永製菓の商品でポリフェノール含有量が最も多いのは、同じ8月23日に発売された「森永ココア 豆乳ココア カカオ2倍」。1杯分にポリフェノールを430mg含む(カカオポリフェノールのほかに、ごく少量の豆乳由来のポリフェノールを含む)。

 これに対して片岡物産は、ココアの“おいしさ”の訴求に重点を置き、ポリフェノール含有量の表示や高含有競争には積極的ではなかった。しかし、食品の健康機能を表示できるトクホ・ココアでは一番乗りを果たした。

 「バンホーテン」ブランドから登場する初のトクホ・ココアが、消費者にどう受け入れられるか、注目したい。(河田孝雄、医療局編集委員)

*サプリ&機能性食品2005 専門展示会を開催します

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176