2004.10.14

【日本高血圧学会速報】 薬物治療で血圧コントロールが不良な患者に必要な生活習慣の修正が明らかに

 薬物治療で血圧コントロールが不良な患者に必要な生活習慣の修正が分かった。それは、肥満の有無や食事時間が不規則でないかどうかの確認とその確実な修正であるという。10月8日のポスターセッションで、昭和大学医学部の高橋英孝氏らが発表した。

 研究グループは、2002年1月から2003年10月までに三井記念病院総合健診センターで人間ドックを受診した人で高血圧のため薬物治療中の1203人(男性912人、女性291人、59.9±8.5歳)を対象に検討した。早期空腹時に座位で自動血圧計により血圧を測定。収縮期≧140mmHgまたは拡張期≧90mmHgの場合をコントロール不良と判定した。

 この血圧コントロール不良グループについては、目的変数と、性別、年齢、肥満(BMI≧25Kg/m2)、運動週1回未満、食時時間不規則、塩辛いものを多く食べる、インスタント食品をよく食べる、食事は満腹になるまで食べる、毎日2合以上飲酒する、喫煙する−−などの12項目を説明変数として分析した。

 その結果、血圧コントロール不良の割合は、男性457人(50.1%)、女性149人(51.2%)だった。ロジスティック回帰分析では、血圧コントロール不良に対してオッズ比が有意だったのは、肥満(1.694、95%信頼区間1.319-2.176、p<0.0001)と食事時間の不規則(1.465、95%信頼区間1.319-2.176、p=0.0245)だった。

 この結果を踏まえ研究グループは、「薬物の用量を調節したりほかの薬剤を追加する前に、肥満の有無や食事時間が不規則でないかどうかの確認とその確実な修正を行うべきである」と結論付けている。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146